お知らせ
平成28年9月16日(金)をもって、環境科学センター(森ノ宮)を閉鎖し、機能を羽曳野に移転集約しました。詳しくは、こちらをご覧ください。

環境分野 快適な環境や生物多様性の保安全を支える調査研究

粒子状物質調査結果

 本調査は、発生源からの粒子状物質の排出削減対策に資することを目的として、大阪府域における粒子状物質による大気の汚染状況の実態を継続的に把握するために、平成12年12月より実施しているものです。

 ここでは、各年度の概要と調査報告書を掲載しています。

 

1.対象粒子: 粒子状物質(PM)

 

  平成26年度  調査報告書(PDF形式1.71MB)

  平成25年度  概要調査報告書(PDF形式1.58MB)

  平成24年度  概要調査報告書(PDF形式1.47MB)

  平成23年度  概要調査報告書(PDF形式1.83MB)

  平成22年度  概要調査報告書(PDF形式1.39MB)

  平成21年度  概要調査報告書(PDF形式1.35MB)

  平成20年度  概要調査報告書(PDF形式1.34MB)

 

 

2.対象粒子: 粒子状物質(PM)・浮遊粒子状物質(SPM)

 

  平成19年度  PM概要SPM概要調査報告書(PDF形式1.91MB)

  平成18年度  PM概要SPM概要調査報告書(PDF形式1.48MB)

  平成17年度  概要調査報告書(PDF形式2.29KB)

  平成16年度  概要調査報告書(PDF形式816KB)

  平成15年度  概要調査報告書(PDF形式4.41MB)

  平成14年度  概要調査報告書(PDF形式2.02MB)

  平成13年度  概要調査報告書(PDF形式1.93MB)

 

 

■お問い合わせはこちら

環境研究部 環境調査グループ

[TEL]072-979-7064

[FAX]072-956-9790

ページトップ