環境研究部 環境調査グループ
 

樋口部長
部長 樋口 浩行

グループの紹介

中村グループリーダー 大気・水質等の環境保全に関する調査研究・分析を行っています。

 

 大阪府の環境施策を科学的、技術的な立場から支援するとともに、高度な分析技術を生かして快適な環境づくりを支える調査研究を行っています。また、府民の皆様の安全・安心を確保するため、河川における魚へい死時の原因究明や建築物の解体工事現場におけるアスベスト飛散状況の把握など、緊急を要する分析・調査を迅速に行っています。

 

環境調査グループリーダー 中村 智

担当分野

  • [環境]環境汚染に関する調査研究
    • 新たな環境汚染へ対応するために、
       ・微小粒子状物質(PM2.5)汚染の実態解明と発生源寄与評価に関する調査研究
       ・有害化学物質の分析法開発及び実態調査
      などを行っています。
  • [環境]環境試料等の調査分析、対策手法の開発
    • 有害大気汚染物質や揮発性有機化合物(VOC)、PM2.5に含まれる成分の分析
    • ため池や農業水路、河川自然海浜保全地区などの水質保全のためのモニタリング調査
    • 廃棄物最終処分場浸出水等の浄化に関する調査研究

  を行い、行政への提案につなげています。

また、河川においてダイオキシン類の環境基準を超過した場合に、原因の特定や汚染範囲の確定のための調査分析を行っています。

  • [環境]緊急試料等の調査分析
    • 河川水質に関する苦情解決や魚へい死の原因究明のための水質分析
    • 建築物の解体工事現場等で採取した大気や建材のアスベスト分析

        など、緊急を要する試料の分析を行っています。

  • [環境]分析精度管理
    • 大阪府が発注する環境調査・検査業務の適正な履行を確保するため、入札事業者の技術認定を行っています。また、大阪府の分析業務受託事業者の分析データに対し、クロスチェックを行っています。
  • [農林][環境]農薬の登録拡大に向けた調査分析
    • 大阪の特産の農産物の安定的な生産を支援するため、農薬の登録拡大に向けた調査・分析を行っています。また、緊急時など大阪府の要請により、農薬分析に対する支援を行っています。
  • [環境][水産]大阪湾の栄養塩管理に関する調査研究
    • 水産研究部と共同で、琵琶湖や淀川の流下過程及び大阪湾における難分解性有機態窒素化合物に着目した形態別窒素化合物の動態把握や、大阪湾における水質環境の変化が魚介類の生態に及ぼす影響の解析に取り組んでいます。

オリジナルコンテンツ

調査研究成果

最近の共同研究実績

  • 河川生態系への影響が心配な神経毒性農薬の汚染実態と水生昆虫による生物検定手法開発(埼玉県環境科学国際センター、H26~H28)
  • 近畿地方の対流圏大気環境調査(国立環境研究所、H26~H28)
  • 沿岸海域環境の物質循環状況把握と変遷解析に関する調査研究(千葉県環境研究センター、H26~H28)
  • PM2.5の短期的/長期的環境基準超過をもたらす汚染機構の解明(国立環境研究所・全国の自治体環境研究所、H25~H27)
  • 琵琶湖・淀川流域の流下に伴う難分解性有機窒素成分の変化に関する研究(琵琶湖環境科学研究センター、H26)
  • 国内における化審法関連物質の排出源及び動態の解明(国立環境研究所・全国の自治体環境研究所、H25~H27)
  • 大阪府域における河川から大阪湾への栄養塩供給に関する研究(兵庫県環境研究センター、H25)
  • 全国の環境研究機関の有機的連携によるPM2.5汚染の実態解明と発生源寄与評価(国立環境研究所・高崎経済大学他11地方環境研究所、H23~H25)
  • 沿岸海域環境の診断と地球温暖化の影響評価のためのモニタリング手法の提唱(国立環境研究所、全国の自治体環境研究所H23~H25)
  • 管理型廃棄物最終処分場の浸出水調整池における自然発生的anammox反応を利用した窒素低減技術に関する研究(崇城大学、中央大学、H23~H25)
  • 有機フッ素化合物の最終処分場における環境流出挙動の解明と対策技術に関する研究(兵庫県環境研究センター・大阪市立環境科学研究所・神戸環境保健研究所・国立環境研究所・千葉県環境研究センター・愛媛大学、H22~H24)
  • PM2.5と光化学オキシダントの実態解明と発生源寄与評価に関する研究(国立環境研究所・全国の自治体環境研究所、H22~H24)
  • 黄砂がラット呼吸器に及ぼす影響と付着成分との関連に関する研究(相模女子大学・大阪府立公衆衛生研究所、H21~H24)

主な業績

  • 中戸・山本ほか(2013) 2011年2月上旬に観測された広域的なPM2.5高濃度エピソードの要因推定. 大気環境学会誌.48(4):196-205.
  • 山本 (2012) 大気観測人工衛星データMODISと地上大気常時監視データについて. 全国環境研会誌. 37(4): 194-199.

関連リンク(外部サイト)

■お問い合わせはこちら

環境研究部 環境調査グループ

[TEL]072-979-7064

[FAX]072-956-9790

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 環境科学センター

    環境科学センター

    環境科学センターは平成28年9月16日をもって閉鎖しました。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 水生生物センター

    水生生物センター

    水辺を中心とした生物多様性、イタセンパラやミズアオイなど希少種の保全、外来種対策、魚の病気などについて調査研究を行っています。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザは平成28年8月末をもって閉鎖しました。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

ページトップ