環境研究部 環境調査グループ
 

グループの紹介

大気・水質等の環境保全に関する調査研究・分析を行っています。

 

大阪府の環境施策を科学的、技術的な立場から支援するとともに、高度な分析技術を生かして快適な環境づくりを支える調査研究を行っています。また、府民の皆様の安全・安心を確保するため、河川における魚へい死時の原因究明や建築物の解体工事現場におけるアスベスト飛散状況の把握など、緊急を要する分析・調査を迅速に行っています。

 

環境調査グループリーダー 中村 智

担当分野

  • [環境]新たな環境汚染に対応するための調査研究

・大気中ナノ粒子の実態把握に関する調査研究

・環境リスクが懸念される新たな有害化学物質等の環境汚染に関する調査研究

  • [環境]府域の化学物質等環境汚染物質の調査研究

・有害大気汚染物質や揮発性有機化合物(VOC)、PM2.5に含まれる成分の分析

・ため池、河川、農業水路、および自然海浜保全地区などの水質モニタリング調査

・廃棄物最終処分場浸出水等の浄化やPOPsのモニタリング手法に関する調査研究

・河川においてダイオキシン類の環境基準を超過した場合の原因の特定や汚染範囲の確定のための調査分析

  • [環境]PM2.5の発生源解析や光化学オキシダントの生成要因に関する調査研究

・大阪府内におけるPM2.5の発生源種類別の寄与率や高濃度メカニズムの解明に向けた調査研究

・光化学オキシダントの高濃度要因の解明に向けた植物起源のVOCに関する調査研究

  • [農林][環境]農薬の登録拡大に向けた調査分析及び残留実態調査

・大阪の特産農産物の安定的な生産を推進するための農薬の登録拡大に向けた調査・分析

・農薬の安全かつ適正な使用や環境に配慮した農薬の使用等を推進するため大阪エコ農作物などの農薬残留実態調査や緊急時の農薬分析に対する支援

  • [環境][水産]大阪湾の栄養塩適正管理に関する調査研究

・大阪湾の栄養塩の負荷原因の解明

・難分解性有機物の解析

・大阪湾および瀬戸内海におけるCOD増加の要因として外洋水の影響に着目した研究

  • [環境]緊急時の調査分析

・河川水質に関する苦情解決や魚へい死の原因究明のための水質分析

・建築物の解体工事現場等で採取した緊急を要する試料(大気・建材)のアスベスト分析

  • [環境]環境分析精度管理

・大阪府が発注する環境調査・検査業務の適正な履行を確保するための入札事業者の技術認定

・大阪府の分析業務受託事業者の分析データに対するクロスチェック

  •  [環境][農林]府域の地球温暖化対策(緩和策、適応策)に関する調査研究

・大阪府域における温暖化の影響予測手法の検討、情報収集、分析

オリジナルコンテンツ

調査研究成果

  • 平成30年度
    • [環境]Biological treatment of 1,4-Dioxane in wastewater from landfill by indigenous microbes adhered to flowing carriers[WET2018]
    • [環境]パッシブサンプリング法とグラブサンプリング法とによる河川水中の農薬の分析結果の差異に関する考察[日本農薬学会第43回大会]
    • [農林][環境]サロゲート法による作物中のネオニコチノイド系農薬の一斉分析[日本農薬学会第43回大会]
    • [環境]大阪府内における河川水中ネオニコチノイド系農薬濃度の実態調査[第27回環境化学討論会]
  • 平成29年度
    • [環境]設置期間の違いがパッシブサンプラーへの農薬の蓄積性に与える影響[第52回日本水環境学会年会]
    • [環境]大阪府内の田園地域河川におけるネオニコチノイド系農薬濃度の年間変動[第52回日本水環境学会年会]
    • [環境]流動担体に付着した微生物による最終処分場排出水中の1,4-ジオキサン処理に及ぼす易分解性有機物濃度の影響[第28回廃棄物資源循環学会]
    • [農林][環境]サロゲート法とポリマー系ミニカラム精製を組み合わせたネオニコチノイド系農薬のLC-MS/MSによる一斉分析[第40回農薬残留分析研究会]
    • [環境]大阪府内におけるHBCDの環境中汚染状況及び排出実態について[第26回環境化学討論会]
    • [環境]解体現場等における大気中石綿濃度の測定時間短縮化の検討[第32回全国環境研協議会東海・近畿・北陸支部研究会]
    • [環境]大阪府における高濃度時のPM2.5の特徴[第58回大気環境学会年会特別集会]
    • [環境]Cascade Virtual Impaction Sampler for In-stack Sampling of PM2.5 and PM10 from Flue Gas of Stationary Sources[KU-PSU-CTU Joint Symposium in conjunction with KU-PSU JW5, EA-NanoNet-5 and EIAA-5]
    • [環境]Characteristics comparison of ambient fine particles in East Asian cities[KU-PSU-CTU Joint Symposium in conjunction with KU-PSU JW5, EA-NanoNet-5 and EIAA-5]
    • [環境]大阪府内の幹線道路周辺におけるナノ粒子濃度分布[エアロゾル科学・技術研究討論会]
    • [環境]どう備えるか:大阪府域における化学物質のストック量について[全国環境研究所交流シンポジウム]
    • [環境]大阪府における大気中揮発性有機化合物の地域特性[全国環境研協議会 環境保全・公害防止研究発表会]
    • [環境]化学輸送モデルとライダー観測データを用いた大阪上空のエアロゾルイオン成分鉛直分布の把握について[第58回大気環境学会年会]
    • [環境]2016年5月におけるPM2.5高濃度事例の解析①[第58回大気環境学会年会]
    • [環境]大阪におけるPM2.5へのバイオマス燃焼影響の考察[第58回大気環境学会年会]
    • [環境]大阪における環境大気中の水銀濃度挙動把握[第58回大気環境学会年会]
  • 平成28年度
    • [環境]水田排水路におけるパッシブサンプリング法を用いたネオニコチノイド系殺虫剤のモニタリング[第51回日本水環境学会年会]
    • [環境]流動担体の投入による最終処分場浸透水中の1,4-ジオキサン処理効率の向上[第27回廃棄物資源循環学会]
    • [環境]POCISによる河川水中の農薬検出特性[第19回日本水環境学会シンポジウム]
    • [環境]大阪盆地における夏季のPM2.5汚染メカニズムの研究 [第57回大気環境学会年会]
    • [環境]管理型処分場浸出水調整池水中からのアナモックス汚泥の集積[日本水処理生物学会第53回大会]
    • [環境]水生昆虫の生息場所として人工基盤を用いた河川生態影響評価手法の提案[日本陸水学会第81回大会]
    • [環境]大阪湾および流入する河川の難利用性有機窒素化合物[日本水環境学会第51回年会]
  •  平成27年度
    • [環境]パッシブサンプラーによる環境水中のネオニコチノイド系殺虫剤のモニタリング[第50回日本水環境学会年会]
    • [環境]流動担体に付着した微生物による最終処分場浸透水中の1,4-ジオキサン処理[第26回廃棄物資源循環学会]
    • [環境]琵琶湖・淀川から大阪湾に流入する難分解性有機窒素化合物[日本水環境学会第50回年会]
    • [環境]大阪湾における貧酸素水塊の発生に関する研究-海水中におけるDO消費率の測定の試み-[第42回 環境保全・公害防止研究発表会]
    • [環境]瀬戸内海のCODに及ぼす外洋水の影響評価に関する研究[瀬戸内海研究フォーラムin奈良]
    • [環境]PM2.5の成分分析と粒子ごとの化学組成分析による発生源特定の試み[第42回環境保全・公害防止研究発表会]
    • [環境]Effect of nitrate addition on anammox activities in sediment from the bottom of leachate adjustment reservoir of controlled final landfill site[The third international anammox symposium]
    • [環境]管理型処分場浸出水調整池の池水中のアナモックス活性[日本水処理生物学会第52回大会]
    • [環境]河川の生態影響評価に向けた水生昆虫の生息実態調査手法の提案[日本陸水学会第80回大会]
    • [環境]ライダー観測データとPM2.5成分について[第56回大気環境学会年会]
  • 平成26年度
    • [環境]微小粒子状物質(PM2.5)成分分析について[平成26年度試験研究発表会要旨集・ポスター集]
    • [環境]東海・近畿地域におけるPM2.5高濃度事象の要因について[第54回大気環境学会年会]
    • [環境]大阪府内を流下する石川流域におけるPOCIS を用いた河川農薬モニタリング[日本陸水学会第79回大会]
    • [環境]大阪湾に流入する河川水および海域に含まれる難分解性有機窒素化合物[日本陸水学会第79回大会]
    • [環境]大阪府域におけるPM2.5高濃度日の特徴について[第41回環境保全・公害防止研究発表会]
  • 平成25年度
    • [環境]PM2.5の近畿地方におけるローカルな要因による高濃度について[第54回大気環境学会年会]
    • [環境]大阪における光化学オキシダント生成レジームに関する考察[研究報告第1号]
    • [環境]大阪府内の農業用ため池における水質の現状[日本陸水学会第78回大会]
    • [環境]パッシブサンプリング法による河川水中の農薬濃度と従来法の濃度との比較[日本陸水学会第78回大会]
    • [環境]廃棄物最終処分場浸出水調整池の底泥の脱窒とアナモックス菌[日本水処理生物学会第50回大会]
    • [環境]POCISのRs値と農薬の物理化学性との関係[日本農薬学会第39回大会]
  • 平成24年度
    • [環境]大阪府域の河川から大阪湾への栄養塩供給に関する研究
    • [環境]2012年1月中旬に観測されたPM2.5高濃度イベントにおける炭素成分の挙動[第53回大気環境学会年会]
    • [環境]2012年1月におけるPM2.5高濃度時の濃度分布とその要因について[第53回大気環境学会年会]
    • [環境]大阪府におけるPM2.5成分濃度の地域ごとの特徴について[第27回全環研支部研究会]
    • [環境]大阪府における有害大気汚染物質濃度の特徴 [平成24年度試験研究発表会要旨集・ポスター集]
    • [環境]東アジア規模の広域移流が大阪の大気に与える影響 [平成24年度試験研究発表会要旨集・ポスター集]
    • [環境]人工衛星データMODIS AODと地上常時監視データとの比較について[第53回大気環境学会年会]

最近の研究実績

  • 地球温暖化が植生の揮発性炭化水素放出に及ぼす影響の解明(H30~)
  • 排ガス中ダスト自動計測器の評価用煙道実験設備の構築(H28~)
  • 降水量変動が植生の揮発性炭化水素放出に及ぼす影響の解明(H27~H30)
  • 高親水性化学物質対応の新規パッシブサンプラーの構築とキャリブレーションの簡略化(H29~H31)
  • 実測およびシミュレーションによる外洋水のCODが大阪湾のCODに与える影響の定量的評価(H29~H30)
  • 瀬戸内海のCODに及ぼす外洋水の影響評価に関する研究(H27~H28)
  • 水相パッシブサンプラーによる微量化学物質の測定およびそれらに影響する要因の解析(H26~H28)

最近の共同研究実績

  • 災害・事故に起因する化学物質リスクの評価・管理手法の体系的構築に関する研究(国立環境研究所、H30~H34)
  • 海域における水質管理に係わる栄養塩・底層溶存酸素状況把握に関する研究(千葉県環境研究センター、H29~H31)
  • 高リスクが懸念される微量化学物質の実態解明に関する研究(国立環境研究所・全国の自治体環境研究所、H28~H30)
  • 近畿地方の対流圏大気環境調査(国立環境研究所、H26~H28)
  • 河川生態系への影響が心配な神経毒性農薬の汚染実態と水生昆虫による生物検定手法開発(埼玉県環境科学国際センター、H26~H28)
  • 沿岸海域環境の物質循環状況把握と変遷解析に関する調査研究(千葉県環境研究センター、H26~H28)
  • PM2.5の環境基準超過をもたらす地域的/広域的汚染機構の解明(国立環境研究所・全国の自治体環境研究所、H28~H30)
  • 近畿地方の対流圏大気環境調査(国立環境研究所、H26~H28)
  • 琵琶湖・淀川流域の流下に伴う難分解性有機窒素成分の変化に関する研究(琵琶湖環境科学研究センター、H26)
  • 国内における化審法関連物質の排出源及び動態の解明(国立環境研究所・全国の自治体環境研究所、H25~H27)
  • PM2.5の短期的/長期的環境基準超過をもたらす汚染機構の解明(国立環境研究所・全国の自治体環境研究所、H25~H27)
  • 大阪府域における河川から大阪湾への栄養塩供給に関する研究(兵庫県環境研究センター、H25)
  • 全国の環境研究機関の有機的連携によるPM2.5汚染の実態解明と発生源寄与評価(国立環境研究所・高崎経済大学他11地方環境研究所、H23~H25)
  • 沿岸海域環境の診断と地球温暖化の影響評価のためのモニタリング手法の提唱(国立環境研究所、全国の自治体環境研究所H23~H25)
  • 管理型廃棄物最終処分場の浸出水調整池における自然発生的anammox反応を利用した窒素低減技術に関する研究(崇城大学、中央大学、H23~H25)
  • 有機フッ素化合物の最終処分場における環境流出挙動の解明と対策技術に関する研究(兵庫県環境研究センター・大阪市立環境科学研究所・神戸環境保健研究所・国立環境研究所・千葉県環境研究センター・愛媛大学、H22~H24)
  • PM2.5と光化学オキシダントの実態解明と発生源寄与評価に関する研究(国立環境研究所・全国の自治体環境研究所、H22~H24)
  • 黄砂がラット呼吸器に及ぼす影響と付着成分との関連に関する研究(相模女子大学・大阪府立公衆衛生研究所、H21~H24)

主な業績

  • 伴野 残留農薬分析研究会 優秀ポスター賞 2017.
  • 矢吹 関西水環境奨励賞 2016.
  • 長谷川・山神・鈴木・熊谷・西村、標準測定法を用いたPM2.5自動測定機の測定値の検証、43(1)、40-46、2018.
  • Yabuki・Ono et al., Determining the suitability of a polar organic chemical integrated sampler (POCIS) for the detection of pesticide residue in the Ishikawa River and its tributary in Osaka, Japan, Journal of Pesticide Science 43(1), 18-23, 2018.
  • Okumura・Kosugi・Tani, Biogenic Volatile Organic Compound Emissions from Bamboo Species in Japan, Journal of Agricultural Meteorology, 74(1), 40-44, 2018.
  • Chatani・Okumura et al., Effects of detailed vegetation database on simulated meteorological fields, biogenic VOC emissions, and ambient pollutant concentrations over Japan 9, 179, 2018.
  • Tsuruta・Okumura, et al., Comparing biogenic volatile organic compound emissions from the fine roots of 15 tree species in Japan and Taiwan 23, 242-251, 2018.
  • 西村・髙坂、大阪府内におけるPM2.5成分分析精度管理体制の整備、全国環境研究誌、42(4)、29-32、2017.
  • 伴野・矢吹、大阪府立環境農林水産総合研究所におけるマイナー作物の農薬登録拡大と農産物の農薬残留実態調査、日本農薬学会誌 42(2)、335-341、2017.
  • 矢吹・小野・相子・中嶋・田中ほか、日本近海の太平洋側外洋水のCODの長期変動と瀬戸内海のCODに及ぼす影響、水環境学会誌 40(5)、189-197、2017.
  • 神谷・塚田・Wladyslaw・並木・和田ほか、バーチャルインパクター法による固定発生源からのPM2.5/PM10質量濃度計測、粉体工学会誌 54(6)、402-405、2017.
  • 森塚・松岡・桂・佐野、矢内、過酸化水素処理後の電気伝導度測定による水田表層土壌の全窒素含量の推定 88(4)、327-335、2017. 
  • Endo・Yabuki・Tanaka, Comparing polyethylene and polyoxymethylene passive samplers for measuring sediment porewater concentrations of polychlorinated biphenyls: Mutual validation and possible correction by polymer-polymer partition experiment, Chemosphere 184, 358-365, 2017.
  • 矢吹、水田を含む水環境中におけるパッシブサンプリング技術を用いた農薬モニタリング、農薬環境科学研究24、39-45、2016.
  • 井田・岡島・岸本・呉・Sathiyamurth・中嶋・加藤・茶谷・横内・奥村・梶井、スギから放出される揮発性有機化合物のOH反応性測定および化学分析、大気環境学会誌、51、132-143、2016.
  • 深山・森下・奥村、アカマツ林床におけるαピネン放出量の空間分布特性、日本森林学会誌、98、59-64、2016.
  • 西村、大阪府における大気中超微小粒子(ナノ粒子)調査の取組みについて、環境技術、45(11)、577-580、2016.
  • Yabuki・Ono・Aiko et al., Temperature dependence on the pesticide sampling rate of polar organic chemical integrative samplers (POCIS), Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry 80(10), 2069-2075, 2016.
  • Tsuruta・Okumura et al., Insignificant effects of culm age on transpiration in a managed Moso bamboo forest, Kyoto, Japan, Hydrological Research Letters 10, 1-7, 2016.
  • 山神・中戸・山本ほか,2011年2月上旬に観測された広域的なPM2.5高濃度エピソードの要因推定. 大気環境学会誌.48(4):196-205, 2013.
  • 山本、大気観測人工衛星データMODISと地上大気常時監視データについて. 全国環境研会誌. 37(4): 194-199、2012.

関連リンク(外部サイト)

■お問い合わせはこちら

環境研究部 環境調査グループ

[TEL]072-979-7064

[FAX]072-956-9790

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ