環境分野 快適な環境や生物多様性の保安全を支える調査研究

平成17年度調査結果の概要

平成17年度 調査結果の概要

1 調査地点

  • SPM 

【一般大気環境測定局】

大阪府環境情報センター(現 大阪府立環境農林水産総合研究所 以下、森ノ宮と記す。)
茨木市役所
八尾市役所
富田林市役所
高石市公害監視センター

 

【自動車排出ガス測定局】

高槻市役所
カモドールMBS
東大阪市環境衛生検査センター

 

  • PM

【一般大気環境測定局】

大阪府環境情報センター

 

【自動車排出ガス測定局】

東大阪市環境衛生検査センター

2 調査期間

  • SPM  

 毎月14日間連続捕集

 

  • PM

 4、7,10,1月14日間連続捕集

3 SPM調査結果の概要

(1)SPM濃度

〔経年変化(平成13から17年度)〕
一般局、自排局ともに緩やかな減少傾向がみられ、特に平成14年度から15年度にかけては、顕著な減少傾向がみられた。
一般局に比べ自排局の方が濃度の減少傾向がやや大きく、濃度差が小さくなってきている傾向がみられた。
…(図-1参照)

図1

〔経月変化(平成17年度)〕
一般局、自排局ともに同様の傾向を示し、夏季から秋季にかけては低濃度で、冬季から春季にかけては高濃度であった。4月に最大値を示したが、これは黄砂の影響と考えられる。
一般局に比べて自排局の方が濃度がやや高い傾向がみられた。
…(図-2参照)

図2

(2)SPM中の金属成分

Al、Ti、Fe、Cu、及びPbで平成13から17年度にかけて減少傾向がみられた。
Ti、Fe、Cu及びSbは一般局に比べ自排局の方が高い値を示したが、このうちTiとCuでは濃度差が小さくなってきている傾向がみられた。
…(図-3参照)

図3

(3)SPM中のイオン成分

各イオンは一般局と自排局とで顕著な濃度差はみられなかった。
Cl-とNO3-はほぼ類似した傾向がみられ、平成13から17年度にかけて減少傾向がみられた。また、春季から夏季にかけては低濃度で、秋季から冬季にかけては高濃度であった。

 

(4)SPM中の炭素成分

一般局、自排局ともに平成13から17年度にかけて緩やかな減少傾向がみられた。
 一般局に比べ自排局の方が濃度の減少傾向がやや大きく、濃度差が小さくなってきている傾向がみられた。

 

(5)SPM中の多環芳香族炭化水素類

平成13年度から14年度にかけて急激に減少し、その後4年間は横ばいであった。
 一般局と自排局とで顕著な濃度差は見られなかった。
また、春季から夏季にかけて濃度が低く、秋季から冬季にかけて高濃度であった。

 

(6)黄砂の影響を受ける成分(土壌由来成分)

Al、Ti、Fe、As、Ca2+等は、黄砂の時期に高濃度となった。
これらの成分は、土壌に由来するものと考えられる。

 

(7)局比(自排局/一般局)

局比(一般局の年度平均値に対する自排局の年度平均値の比)が著しく大きい値であった項目は、
Cu及びSb(いずれも自動車のブレーキライニングの素材)、元素状炭素(ディーゼル排気粒子の主要成分)であった。
これらは、自排局の指標成分と考えられる。

4 PM調査結果の概要

粒径2.1μm以上11μm未満の粒子を「粗大粒子」、粒径粒径2.1μm未満の粒子を「微小粒子」と定義する。

 

(1)PMの粒径分布 

約2μmを境とする二山型の分布を示した。 …(図-4参照)

図4

(2)炭素成分の粒径分布

 全炭素・・・微小粒子側に偏りのある緩やかな二山型の粒径分布を示した。
 元素状炭素・・・微小粒子側に偏った粒径分布を示した。
 有機性炭素・・・二山型の粒径分布を示した。
 …(図-5参照)

図5

(3)各成分の粒径分布

 各成分の粒径分布は、下表のとおりであった。

分布 特徴 項目
微小粒子側に偏った分布 主に人為的起源の
可能性が高い
Se、Cd 、SO42-、NH4+、元素状炭素、多環芳香族炭化水素類
粗大粒子側に偏った分布 主に自然起源の
可能性が高い
Al、Ti、Fe、Cu、Cl-、NO3-、Na+、Ca2+
二山型の分布   V、Sb、Pb、全炭素、有機性炭素

■お問い合わせはこちら

環境研究部 環境調査グループ

[TEL]072-979-7064

[FAX]072-956-9790

ページトップ