食の安全研究部 防除グループ
 

鈴木部長
部長 鈴木 敏征

グループの紹介

 野菜、果樹、花き、水稲、緑化樹の病害虫診断及び防除技術の開発に取り組んでいます。

 

 化学合成農薬の使用を減らすため、植物の抵抗性を高める病害防除や様々な波長域の光を利用した害虫防除、飛ばないナミテントウの天敵利用など病害虫制御技術を開発し、環境への影響が少なく安全・安心な農産物生産に貢献しています。

 

防除グループリーダー 柴尾 学

担当分野

  • [農林]病害虫の診断・検定技術の開発
    • 農作物に発生した病害虫について、検鏡・培養・血清診断・遺伝子診断により診断を行い同定するほか、これらの病害虫の薬剤感受性を調査しています。
  • [農林]環境と調和した病害虫防除技術の開発
    • 化学合成農薬以外の防除手法を栽培体系に合理的に取り入れた、できるだけ農薬を使わない病害虫制御技術の開発に取り組んでいます。
  • [農林]農産物病害虫の発生監視モニタリング
    • 府内農作物に発生する病害虫を定期的に調査し、府が発表する病害虫の発生情報に反映しています。また、新たな侵入病害虫の発生や蔓延を防ぐため、これらの診断や同定を行うほか、防除対策の確立に取り組んでいます。

調査研究成果

最近の共同研究実績

  • クリのくん蒸処理から脱却するクリシギゾウムシ防除技術の開発(農研機構ほか10機関、H25~27)
  • ゲノム情報等を活用した薬剤抵抗性管理技術の開発(農業生物資源研究所ほか22機関、H26~30)
  • ガスプラズマを用いた農産物の殺菌・消毒法の開発(琉球大学ほか4機関、H23~27)
  • 害虫光応答メカニズムの解明及び高度利用技術の開発(農研機構ほか38機関、H21~25)
  • 発生予察事業の調査実施基準の新規手法策定事業(農研機構ほか18機関、H23~26)
  • 施設園芸における高度環境制御技術の開発(千葉大学ほか12機関、H22~26)
  • 多種多様な栽培形態で有効な飛ばないナミテントウ利用技術の開発(農研機構ほか7機関、H20~22)
  • 紫外光(UV-B)照射による施設野菜生産システムの開発(兵庫県ほか3機関、H19~21)
  • 花き類病害の双方向型総合診断・防除システムの開発および公開(農研機構ほか9機関 H18~20)
  • 養液栽培におけるオゾン水による微生物制御と生産安定技術の開発(神戸製鋼ほか4機関、H18~20)
  • オゾン水による植物病害防除、生育促進と生産物の安全処理技術(神戸製鋼ほか3機関、H15~18)

主な業績

〈論文〉

  • 柴尾学(2014) メタリジウム粒剤を利用した施設ナスおよびキュウリのミナミキイロアザミウマの防除. 植物防疫68:393-396.
  • 柴尾学・田中寛(2014) 色彩粘着板とLEDを組み合わせたトラップによるミナミキイロアザミウマの誘引特性. 日本応用動物昆虫学会誌. 58:29-32.
  • 川崎佑子・角田美由紀・西岡輝美・佐野修司・瓦谷光男・岡田清嗣(2014) シロナ根こぶ病に対するアミスルブロム粉剤と土壌改良資材てんろ苦土石灰の防除効果. 関西病虫研報. 56:44-80.
  • 西岡輝美・高井雄一郎・瓦谷光男・岡田清嗣・谷本秀夫・草刈眞一(2014) Seed disinfection effect of atmospheric pressureplasma and low pressureplasma on Rhizoctonia solani. Biocontorol Science. 19:99-102.
  • 岡田清嗣・岡久美子(2014) UV-B照射にによるナス科作物の病害防除. 植物防疫. 68(2):6-13.
  • 安達鉄矢・柴尾 学・田中 寛・世古智一・三浦一芸(2013) ナミテントウ飛翔不能系統の幼虫と成虫に対する各種薬剤の影響. 日本応用動物昆虫学会誌. 57:189-191.
  • 西濱絢子・井奥由子・砂池利浩・那須義次・岡田清嗣・柴尾 学・田中 寛(2013) 施設内のナスの株におけるオオタバコガの産卵場所. 関西病虫研報. 55:121-122.
  • 柴尾 学(2013) 植物防疫学講座:殺虫剤感受性検定マニュアル(4)アザミウマ類. 植物防疫. 67(4):248-251.
  • 柴尾 学・山中 聡・田中 寛(2013) メタリジウム粒剤処理による施設キュウリのミナミキイロアザミウマ,タバココナジラミおよびトマトハモグリバエの防除. 関西病虫研報. 55:13-16.
  • 西岡輝美・瓦谷光男・東昌弘・岡田清嗣(2013) 樹木流出水の植物病原菌に対する抗菌効果. 関西病虫研報. 55:77-78.
  • 草刈眞一・阿知波信夫・阿部一博・岡田清嗣(2013) イチゴ灰色かび病およびキュウリ炭疽病に対する酸性電解水散布の防除効果. 関西病虫研報. 55:17-21.
  • 草刈眞一・森川信也・中山武典・田中敦子・遠谷秀明・岡田清嗣(2013) 高機能抗菌メッキ技術”KENI FINE"によるPythium属菌およびFusarium属菌の胞子発芽阻害と養液栽培用培地の防藻効果. 関西病虫研報. 55:43-50.
  • Mitsuo Kawaradani, Kiyoshi Taguchi, Kiyotsugu Okada, Yuuri Hirooka and Toyozo Sato(2013) Seedling rot of garland chrysanthemum caused by Gibellulopsis chrysanthemi and ecological characters of the causal fungus. J Gen Plant Pathol.  79:346-349.
  • 柴尾学(2013) 植物防疫基礎講座:殺虫剤感受性検定マニュアル(4)アザミウマ類. 植物防疫. 67(4):248-251.
  • 柳生義人・西岡輝美・高井雄一郎・三沢達也・作道章一(2013) ガスプラズマを用いた農産物の殺菌技術. 食品における非加熱殺菌技術研究の最新動向.
  • 森亮介・笹川高志・岡田清嗣 (2012) UV-Bランプ夜間照射によるトマトすすかび病防除効果. 関西病虫研報. (54): 139-141.
  • 柴尾学・田中寛 (2012) 大阪府のキュウリ・ナス輪作施設におけるミナミキイロアザミウマ個体群の薬剤殺虫効果. 関西病虫研報. (54): 67-69.
  • 柴尾学・田中寛 (2012) 大阪府におけるネギアザミウマ産雄単為生殖系統の薬剤殺虫効果. 関西病虫研報. (54): 185-186.
  • 田中寛・柴尾学(2012) 銅管によるチャコウラナメクジ (Lehmannia valentiana (Ferussac)) の忌避効果. 関西病虫研報 (54): 191-192.
  • 砂池利浩・西濱絢子・井奥由子・那須義次・岡田清嗣・柴尾学・田中寛 (2012) フェロモントラップによるオオタバコガ成虫の誘殺消長. 関西病虫研報. (54): 89-92.
  • 西濱絢子・井奥由子・砂池利浩・那須義次・岡田清嗣・柴尾学・田中寛 (2012) ネットケージ内のナスの株におけるオオタバコガの卵の葉内分布. 関西病虫研報 (54): 195-196.
  • 井奥由子・西濱絢子・砂池利浩・那須義次・岡田清嗣・柴尾学・田中寛 (2012) ネットケージ内のナスの株におけるオオタバコガの産卵場所および幼虫の分布. 関西病虫研報. (54):197-198.
  • 柴尾学 (2012) 今年のブドウ・イチジクの重要害虫の発生予察と防除策. 果実日本 67 (4): 68-72.
  • 柴尾学・安達鉄矢・岡田清嗣・林兵弥・久保田豊・松本譲一・上田善紀・瓜生恵理子・山中聡・田中寛 (2011) スワルスキーカブリダニ放飼による施設ナスのミナミキイロアザミウマの防除. 関西病虫研報 (53): 21-25.
  • 那須義次・舘卓司・梅澤類・西濱絢子・田中寛 (2011) 大阪府のクリ園で大発生したオオミノガと本種へのカイコノクロウジバエの初寄生記録. 関西病虫研報 (53): 91-92.
  • 田中寛・谷古勝彦・田中豊一・柴尾学 (2011) アセタミプリド液剤高濃度薬液の枝幹散布によるキョウチクトウアブラムシの防除効果. 関西病虫研報. (53): 121-123.
  • 柴尾学・森川信也・安達鉄矢・嘉悦佳子・山崎基嘉・磯部武志・田中寛 (2011) 殺虫剤の発泡散布によるキャベツおよびナス害虫の防除効果. 関西病虫研報. (53): 21-24.
  • 安達鉄矢・田中寛・柴尾学・世古智一・三浦一芸 (2011) ナミテントウ飛翔不能系統の株間移動促進資材(渡り線)の検討. 関西病虫研報. (53): 113-115.
  • 砂池利浩・柴尾学・梅澤類・西濵絢子・那須義次・田中寛 (2011) フェロモントラップおよび予察灯によるハイマダラノメイガの誘殺消長. 関西病虫研報. (53): 125-126.
  • 西濵絢子・大門聖・安達鉄矢・砂池利浩・柴尾学・那須義次 (2011) 大阪府の畦畔雑草における斑点米カメムシ類の発生密度と予察灯による誘殺虫数との関係. 関西病虫研報. (53): 117-119.
  • 柴尾学 (2011) 植物防疫基礎講座:アザミウマの見分け方(3) 野菜栽培で問題となるアザミウマの見分け方. 植物防疫 (63): 504-509.
  • 安達鉄矢・柴尾学 (2011) 飛ばないナミテントウを利用した施設コマツナ・ミズナのアブラムシ防除. 植物防疫. (63): 343-346.
  • 岡田清嗣・嘉悦佳子・岡久美子・森川信也 (2010) 養液栽培水ナスに発生した根腐病(新称). 関西病虫研報. (51): 69-72.
  • 柴尾学・桃下光敏・山中聡・田中寛 (2010) スワルスキーカブリダニ放飼による施設キュウリのミナミキイロアザミウマおよびタバココナジラミの同時防除. 関西病虫研報. (51): 1-4.
  • 柴尾学・池永恭子・田中寛 (2010) ミヤコカブリダニ放飼による施設ブドウのカンザワハダニの防除効果とDDVPくん煙剤併用の効果. 近畿中国四国農業研究.(15): 23-28.
  • 岡久美子・山田真・石渡正紀・岡田清嗣 (2010) 紫外線(UV-B)照射による施設野菜の病害防除. 近畿中国四国農業研. (16): 9-14.
  • 岡久美子・山田真・石渡正紀・岡田清嗣 (2011) 施設ナス栽培での紫外光(UV-B)照射によるナスすすかび病の防除効果と病害抵抗性誘導.日本植物病理学会報. (77): 23-27.
  • 柴尾学・井上欣勇・森川信也・田中寛 (2010) ネギアザミウマの致死高温度および太陽熱を利用した地表面フィルム処理による防除. 日本応用動物昆虫学会誌.

〈特許〉

  • 草刈眞一 (2014) 誘電分極を用いた分生子吸着による防カビ方法、飛動生物除去装置、及び植物保護装置.米国:特許第8,105,418号. 2012.1.31, 特許第8,262,781号. 2012.9.11. 日本: 特許第5599564号. 26年8月22日
  • 草刈眞一・岡田清嗣・磯部武志 (2014) オゾン水を用いた養液栽培設備および養液栽培方法.特許第5453600号. 26年1月17日
  • 草刈眞一・岡田清嗣・磯部武志(2013) 養液栽培設備および養液栽培方法. 特許第5308247号. 25年7月5日
  • 草刈眞一(2013) 飛動可能生物収集兼オゾン発生装置及び植物栽培装置. 特許第5216225号. 25年3月8日
  • 草刈眞一 (2011) 飛動生物除去装置及び植物保護装置.特許第4771310号. 23年7月1日
  • 岡田清嗣 (2011) フザリウム汚染土壌殺菌用組成物及び該土壌の殺菌方法. 特許第4676180号. 23年2月4日

関連リンク(外部サイト)

■お問い合わせはこちら

食と農の研究部 防除グループ

[TEL]072-979-7037

[FAX]072-956-9691

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ