環境研究部 自然環境グループ
 

グループの紹介

上原グループリーダー 

 大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

 

 生物多様性の保全には、府民の皆さんをはじめ、学校や企業など、多様な主体の連携が必要となります。私たちと一緒に、大阪の自然や生き物を守る取り組みを始めてみませんか。

 

 自然環境グループリーダー 上原 一彦

 

 

 

オリジナルコンテンツ

 

担当分野

  • [環境]野生鳥獣等の生息、被害状況調査
    • シカやイノシシ、アライグマなどの野生鳥獣の被害・捕獲状況等を調査しています。
  • [環境]放置森林対策技術の開発
    • 放置森林における病害虫被害や竹の侵入繁茂の状況把握調査を実施しています。
  • [環境]緑化・自然環境保全技術に関する人材の育成等
    • 地域緑化の推進及び自然環境再生(保全)技術の普及を目的として、市町村担当職員等を対象に緑化技術等研修会を実施しています。
  • [環境]陸水域の生物多様性保全
    • イタセンパラやミズアオイなどの希少水生生物の保存や生息状況、野生復帰に関する調査研究、外来生物の実態把握・駆除技術に関する調査研究を行っています。
  • [環境]開発行為に対する生物多様性保全策の提言
    • 河川改修やダム建設に対して、生物多様性に係る保全策を助言・提言しています。
  • [環境][水産]淡水魚の疾病の調査
    • 魚類の病気や原因生物のモニタリングなど魚病まん延防止や、魚類へい死事故原因究明のための調査及び情報発信を行っています。
  • [水産]内水面漁業振興
    • 河川の漁業組合や、ため池のカワチブナ養殖業者を支援しています。
  • [環境]水辺環境教育と活動支援
    • 調査研究の成果や水辺の生物多様性に関する知見を府民の皆様へ伝える活動を行っています。また、生物多様性保全に関わる市民活動を支援しています。

 

調査研究成果

最近の共同研究実績

  • 木質バイオマスの固形燃料化と燃焼実証(近畿大学・(株)吉年ほか1社、H25)
  • 田んぼの生物多様性に関する研究(大阪産業大学、H24~)
  • 野生動物保護管理のための将来予測および意思決定支援システムの構築(兵庫県立大学・三重県農業研究所・(株)ブレイン、H22~)
  • イタセンパラの遺伝解析に関する研究(富山大学、H20~)
  • 淀川産二枚貝の繁殖に関する研究(滋賀県立大学、H19~)
  • 淀川に発生した魚類寄生虫症に関する研究(広島大学ほか、H19~)
  • イタセンパラの人工繁殖に関する研究(近畿大学・東京大学、H10~18)

主な業績

〈論文〉

  • 内藤・石橋・金丸・宮下(2014) 淀川淡水域における魚類相の現状. 地域自然史と保全. 36(1): 41-52.
  • 上原(2013) 琵琶湖淀川水系のアユモドキの現状と保全. 地域自然史と保全. 35(1): 17-22.
  • 上原(2013) 大阪の淡水魚を育んだ原風景と食文化. 日本食品保蔵科学会. 39(2): 105-108.
  • 上原(2012) 大阪府版レッドデータリストの更新にあたって − 府内の淡水魚類の現状とリストの活用 −. 地域自然史と保全. 34(2): 115-118.
  • 内藤・上原・辻野 (2012) 淀川ワンドにおける外来魚および外来植物の駆除. 水産学会誌78 (4): 769-772.
  • 石塚・川井 (2012) GPS首輪による野生シカ・イノシシの行動調査. 果実日本. 67: 83-87.
  • 石塚・川井・山田・伊藤・大谷 (2012) 大阪北摂における野生ジカライトセンサス調査. 近畿中国四国農研. 20: 41-44.
  • 石塚・川井 (2012) 糞粒調査と狩猟および有害鳥獣捕獲データによる大阪府の野生ジカ生息動向. 近畿中国四国農研. 21: 29-32.
  • 上原 (2011) 「絶対絶命の淡水魚イタセンパラ―希少種と川の再生に向けて」. 日本魚類学会自然保護委員会編. 東海大学出版.
  • 石塚・西岡・川井・因野・出雲・庄・大谷 (2011) 大阪府における野生ホンシュウジカの食性. 近畿中国四国農研. 19: 45-48.
  • 内藤 (2010) 淀川におけるミズヒマワリGymnocoronis spilanthoides DC.の生育環境. 雑草研究. 55 (3): 187-193.
  • 上原 (2009) 天然記念物のイタセンパラの人工繁殖技術の確立. 平成19年度 大阪府知事優秀職員表彰.
  • 平松・内藤 (2009) 淀川城北ワンド群の魚類群集の変遷. 関西自然保護機構誌. 31 (1): 57-70. 2011年度関西自然保護機構四手井賞受賞.
  • 石塚・川井・石井・大谷 (2009) GPS首輪を装着した野生ジカ2頭の行動調査. 近畿中国四国農研. 14: 100-104.
  • 石塚・因野・西岡・上脇・入江 (2009) 野生イノシシの胸最長筋及び皮下脂肪の品質に及ぼす捕獲時期と性の影響. 肉畜会報. 80 (2): 199-206.
  • 石塚・山田・西岡・川井・神山 (2008) Web検索で選出した関西所在の西洋料理店における野生鳥獣肉利用に関する調査. 近畿中国四国農研. 13. 38-42.
  • 上原 (2008) イタセンパラの野生復帰の条件. 関西自然保護機構誌. 30 (2): 95-101.
  • 石塚・川井・大谷・石井・山本・八丈・片山・松下 (2007) 季節,時刻および植生が大阪のニホンジカ (Cervus nippon) の行動圏に及ぼす影響.日本哺乳類学会. 47 (1): 1-9.
  • 平松ほか (2007) Thermotaxis and selection of a wintering site in the Ajime-loach, Niwaella delicata. Ichthyological Research. 54 (3): 238-245.
  • 豊原ほか (2007) 既存の公開型屋上緑化施設における緑化の目的と維持管理に関する考察. 日本緑化工学会誌. 33 (1): 307-310.
  • 上原ほか (2006) Low temperature requirement for embryonic development of Itasenpara bitterling, Acheilognathus longipinnis. Journal of Experimental Zoology. 305A: 823-829.
  • 豊原 (2006) 大阪府の都市緑化技術研究における二つの取り組み. 都市緑化技術. 59: 34-35.
  • 川井・大谷・石塚・石井・松下 (2005) GPS首輪を利用したニホンジカの行動調査. 公立林業試験研究機関研究成果選集2: 5-6.
  • 豊原・内山 (2004) リサイクル基材を用いた垂直面薄層緑化基盤の開発と基盤周囲の温度特性. 大阪府立食とみどりの総合技術センター研究報告. 40: 12-17.

 

■お問い合わせはこちら

環境研究部 自然環境グループ

[TEL]072-833-2770

[FAX]072-831-0229

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ