大阪府立環境農林水産総合研究所

環境研究部 自然環境グループ

 

グループの紹介

 大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

 

 生物多様性の保全には、府民の皆さんをはじめ、学校や企業など、多様な主体の連携が必要となります。私たちと一緒に、大阪の自然や生き物を守る取り組みを始めてみませんか。

 

 自然環境グループリーダー 相子 伸之

 

オリジナルコンテンツ

 

担当分野

  • [環境]野生鳥獣等の生息、被害状況調査
    • シカやイノシシ、アライグマなどの野生鳥獣の被害・捕獲状況等を調査しています。
  • [環境]放置森林対策技術の開発
    • 放置森林における病害虫被害や竹の侵入繁茂の状況把握調査を実施しています。
  • [環境]緑化・自然環境保全技術に関する人材の育成等
    • 地域緑化の推進及び自然環境再生(保全)技術の普及を目的として、市町村担当職員等を対象に緑化技術等研修会を実施しています。
  • [環境]陸水域の生物多様性保全
    • イタセンパラやミズアオイなどの希少水生生物の保存や生息状況、野生復帰に関する調査研究、外来生物の実態把握・駆除技術に関する調査研究を行っています。
  • [環境]開発行為に対する生物多様性保全策の提言
    • 河川改修やダム建設に対して、生物多様性に係る保全策を助言・提言しています。
  • [環境][水産]淡水魚の疾病の調査
    • 魚類の病気や原因生物のモニタリングなど魚病まん延防止や、魚類へい死事故原因究明のための調査及び情報発信を行っています。
  • [水産]内水面漁業振興
    • 河川の漁業組合や、ため池のカワチブナ養殖業者を支援しています。
  • [環境]水辺環境教育と活動支援
    • 調査研究の成果や水辺の生物多様性に関する知見を府民の皆様へ伝える活動を行っています。また、生物多様性保全に関わる市民活動を支援しています。

 

調査研究成果

最近の共同研究実績

〈希少種関連〉

  • 大阪大学 吹田・豊中キャンパス周辺におけるホンドギツネ生息実態の解明(大阪大学、大阪自然環境保全協会、R03)
  • 琵琶湖淀川水系における魚類・二枚貝の分布および多様性情報の収集(国立環境研究所R01~)
  • 淀川のアユに関する研究(京都大学・神戸大学・建設技術研究所 H31~)
  • 環境DNA・RNAを用いた魚類の分布や行動の把握に関する研究(神戸大学、H26~)
  • イタセンパラの遺伝解析に関する研究(富山大学、H20~)
  • 淀川産二枚貝の繁殖に関する研究(滋賀県立大学、H19~)
  • イタセンパラの人工繁殖に関する研究(近畿大学・東京大学、H10~18)

〈外来種関連〉

  • 微量糞便DNAマーカーによる在来および外来野生動物の繁殖分布と完成生態の解明(大阪府立大学、R03~R05)
  • 特定外来生物ヌートリアによる貝捕食の実態および発生メカニズムの解明(総合地球環境学研究所、R01~R02)
  • 淀川水系に生息するチャネルキャットフィッシュに関する研究(近畿大学 H30~)
  • サクラ類等樹木を加害する外来種クビアカツヤカミキリの被害実態調査(京都大学、神戸植物防疫所、H29-H30)
  • 関西のニホンジカ個体群における外来シカ由来の遺伝子流入状況の把握(総合研究大学院大学、国立遺伝学研究所、H29)
  • 淀川のワンドにおける魚類相と外来種に関する研究(大阪産業大学、大阪工業大学、摂南大学、H24~)
  • 淀川に発生した魚類寄生虫症に関する研究(広島大学、滋賀県立大学 H19~)

〈獣害対策〉

  • 多元素同位体地図解析手法を開発し、シカなどの草食獣の生態解明に活用する研究 (総合地球環境学研究所・ユタ大学 R02~)
  • ボトムアップ効果を考慮したシカ個体数変動要因の解明-複数時間スケールでの評価(総合地球環境学研究所、H30~R02)
  • イノシシによる土壌撹乱が引き起こす土壌動物群集の変化を安定同位体比によって簡易に計測する手法の開発 (同志社大学理工学部 R01~)
  • 日本のシカ-植生モニタリング調査(2009,2018)からみた地域の生物多様性保全研究(大阪産業大学ほか、H29~R01)
  • 人為的な生息地撹乱がもたらすシカの被害強度変動パターンの解明(森林総合研究所、H26~H28)
  • 野生動物保護管理のための将来予測および意思決定支援システムの構築(兵庫県立大学・三重県農業研究所・(株)ブレイン、H22~)

〈その他〉

  • マイクロプラスチックが淀川ワンドにおける⼆枚貝とタナゴ類の生態系に及ぼす影響(京都大学、H31~)
  • 調整池設置型硝化/アナモックスシステムによる海面埋立管理型処分場浸出水の窒素低減技術の開発(和歌山県工業技術センター、崇城大学、中央大学、H30~H31)
  • 侵略的拡大竹林の効率的駆除法と植生誘導技術の開発(森林総合研究所ほか、H27~H29)
  • 河川生態系への影響が心配な神経毒性農薬の汚染実態と水生昆虫による生態影響試験開発(埼玉県環境科学国際センター、H26~H28)
  • 琵琶湖・淀川流域の流下に伴う難分解性有機窒素成分の変化に関する研究(滋賀県琵琶湖環境科学研究センター、H26~H28)
  • 木質バイオマスの固形燃料化と燃焼実証(近畿大学・(株)吉年ほか1社、H25)
  • 田んぼの生物多様性に関する研究(大阪産業大学、H24~H26)

主な業績

〈論文等〉

〈希少種関連〉

  • 上原(2020)イタセンパラ 保全の取り組み. 第28回滋賀県立琵琶湖博物館企画展示解説書 「守りたい!少なくなった生き物たち -未来につなぐ地域の宝物-」.
  • 上原(2020)淀川の城北ワンド群における外来生物駆除の取り組みの現状. 第50回大阪市立自然史博物館特別展解説書「知るからはじめる外来生物 ~未来へつなぐ地域の自然~」.
  • 上原(2019)淀川の大規模河川改修が淡水魚類相に与えた影響. 地域自然史と保全.  41(2);121-130.
  • 川瀬・小田・内藤・上原(2018)1970 年代から2010 年代までの淀川におけるタナゴ亜科魚類の変遷. 日本生物地理学会会報. 73:117-127.
  • 上原(2018)琵琶湖淀川流域における生物多様性の保全・活用事例と課題. 季刊 政策・経営研究2018(1):36 - 44.
  • 上原(2017)多様な主体による生物多様性保全に向けて -イタセンネットを例に-. 地域自然史と保全. 39(1):43 - 46.
  • 上原(2016)「淡水魚保全の挑戦 -水辺のにぎわいを取り戻す理念と実践-」. 日本魚類学会自然保護委員会編. 東海大学出版.
  • 内藤・石橋・金丸・宮下(2014) 淀川淡水域における魚類相の現状. 地域自然史と保全. 36(1): 41-52.
  • 上原(2013) 琵琶湖淀川水系のアユモドキの現状と保全. 地域自然史と保全. 35(1): 17-22.
  • 上原(2013) 大阪の淡水魚を育んだ原風景と食文化. 日本食品保蔵科学会. 39(2): 105-108.
  • 上原(2012) 大阪府版レッドデータリストの更新にあたって − 府内の淡水魚類の現状とリストの活用 −. 地域自然史と保全. 34(2): 115-118.
  • 平松(2012)淀川水系におけるキイロヤマトンボ幼虫の採集記録,蜻蛉研究会会誌「AESCHNA」, 48:43.
  • 平松・平(2012) 貝塚市近木川で採集されたナガレトビケラ属不明種(ナガレトビケラ科,トビケラ目)幼虫の形態的特長. 大阪府環境農林水産総合研究所研究報, 5:25-28.
  • 上原 (2011) 「絶対絶命の淡水魚イタセンパラ―希少種と川の再生に向けて」. 日本魚類学会自然保護委員会編. 東海大学出版.
  • 平松(2010)アジメドジョウの生息地保全に関する生態学的研究,近畿大学農学部紀要, 43:111-157.
  • 平松(2010)安威川における大阪府準絶滅危惧種キイロサナエ幼虫の生息環境解析, 大阪府環境農林水産総合研究所研究報告, 3:7-10.
  • 上原 (2009) 天然記念物のイタセンパラの人工繁殖技術の確立. 平成19年度 大阪府知事優秀職員表彰.
  • 平松・内藤 (2009) 淀川城北ワンド群の魚類群集の変遷. 関西自然保護機構誌. 31 (1): 57-70. 2011年度関西自然保護機構四手井賞受賞.
  • 平松(2009)湧き水で越冬産卵するアジメドジョウ.日本自然保護協会会誌「自然保護」,510
  • 上原 (2008) イタセンパラの野生復帰の条件. 関西自然保護機構誌. 30 (2): 95-101.
  • 平松・細谷 (2007) Thermotaxis and selection of a wintering site in the Ajime-loach, Niwaella delicata. Ichthyological Research. 54 (3): 238-245.
  • 上原・川端・太田 (2006) Low temperature requirement for embryonic development of Itasenpara bitterling, Acheilognathus longipinnis. Journal of Experimental Zoology. 305A: 823-829.
  • 平松・細谷(2006)大阪府安威川におけるアジメドジョウの河川内分布と.生息環境,魚類学雑誌, 53(1):39-46.
  • 内藤・平松(2006)寝屋川市の用水路に発生したミズアオイとその生育環境.雑草研究, 51(2)91-94.

 

〈外来種関連〉

  • 山本・石川・上原・吉村(2020)Feeding locations of the red-necked longhorn beetle Aromia bungii larvae inside trees of Rosaceae family. Jpn. J. Environ. Entomol. Zool. 31(4):123-131.
  • 山本・石川(2018) 大阪府におけるクビアカツヤカミキリの発生状況について. 関西病虫害研究会報 60: 17-21.
  • 内藤・鶴田・綾・高田・岡崎・上原(2018)淀川城北ワンド群における外来魚駆除とその効果-「淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワ-ク」を中心とした多様な主体の連携事例- 保全生態学研究. 23(2):307-319.
  • 川瀬・小西・上原(2018)淀川流域に導入された外来魚類とその現状. 農業および園芸. 93(9):808-822.
  • 川瀬・石橋・内藤・山本・鶴田・田中・木村・小西・上原(2017)淀川流域における外来魚の生息状況. 保全生態学研究 22(1), 199-212.
  • 幸田 (2016) 大阪府における外来哺乳類,アライグマ,ヌートリア,ハクビシンの分布拡大状況‐農業被害アンケートによるモニタリング‐. 地域自然史と保全. 38: 29-40
  • 上森・奥田・幸田 (2016) 大阪府泉南地域で分布拡大している国内外来種アオモジの初期成長特性. 地域自然史と保全. 38: 67-76.
  • 内藤(2015)淀川における外来水生植物駆除技術の開発. 環境技術, 44(11):611-618.
  • 内藤・上原・辻野 (2012) 淀川ワンドにおける外来魚および外来植物の駆除. 水産学会誌78 (4): 769-772.
  • 内藤 (2010) 淀川におけるミズヒマワリGymnocoronis spilanthoides DC.の生育環境. 雑草研究. 55 (3): 187-193.

〈獣害対策関連〉

  • 幸田(2020)シカ生息密度と農業被害・森林植生状況の関係解析. 現代林業. 647: 38-42.
  • 幸田・石塚 (2019) シカ生息密度と農業被害・森林植生状況の関係解析. 公立林業試験研究機関研究成果選集. 16: 19-20.
  • 幸田 (2017) 獣害対策を中心とした野生動物研究での植生図の活用に向けて. 植生情報. 21: 28-31.
  • 幸田・辻野・小林 (2016) 糞塊除去法によるシカ生息密度分布と頭数推定. 公立林業試験研究機関研究成果選集. 13: 55-56.
  • 幸田・虎谷 (2015) 大阪府におけるシカ・イノシシの生息状況の経年変化‐出猟カレンダーによるモニタリング調査‐. 森林防疫. 64: 59-67.
  • 幸田・小林・辻野・石原 (2015) ニホンジカによるスギ・ヒノキ人工林剥皮害の広域分布状況. 大阪府立環農水研報. 2: 9-13.
  • 幸田・虎谷・辻野 (2014) ニホンジカによる森林下層植生衰退度の広域分布状況. 大阪府立環農水研報. 1: 15-19.
  • 虎谷・幸田 (2014) シカ・イノシシ・アライグマのモニタリング調査. 公立林業試験研究機関研究成果選集. 11: 29-30.
  • 石塚・川井 (2012) GPS首輪による野生シカ・イノシシの行動調査. 果実日本. 67: 83-87.
  • 石塚・川井・山田・伊藤・大谷 (2012) 大阪北摂における野生ジカライトセンサス調査. 近畿中国四国農研. 20: 41-44.
  • 石塚・川井 (2012) 糞粒調査と狩猟および有害鳥獣捕獲データによる大阪府の野生ジカ生息動向. 近畿中国四国農研. 21: 29-32.
  • 石塚・西岡・川井・因野・出雲・庄・大谷 (2011) 大阪府における野生ホンシュウジカの食性. 近畿中国四国農研. 19: 45-48.
  • 石塚・川井・石井・大谷 (2009) GPS首輪を装着した野生ジカ2頭の行動調査. 近畿中国四国農研. 14: 100-104.
  • 石塚・因野・西岡・上脇・入江 (2009) 野生イノシシの胸最長筋及び皮下脂肪の品質に及ぼす捕獲時期と性の影響. 肉畜会報. 80 (2): 199-206.
  • 石塚・山田・西岡・川井・神山 (2008) Web検索で選出した関西所在の西洋料理店における野生鳥獣肉利用に関する調査. 近畿中国四国農研. 13. 38-42.
  • 川井・大谷・石塚・石井・松下 (2005) GPS首輪を利用したニホンジカの行動調査. 公立林業試験研究機関研究成果選集2: 5-6.
  • 石塚・川井・大谷・石井・山本・八丈・片山・松下 (2007) 季節,時刻および植生が大阪のニホンジカ (Cervus nippon) の行動圏に及ぼす影響.哺乳類科学. 47 (1): 1-9.
  • 川井・大谷・石塚・石井・松下(2006),重複する行動圏をもつニホンジカ2個体の空間利用,大阪府食とみどりの総合技術センター研究報告,42:16-19.
  • 大谷・川井・石塚・石井・山本・八丈・片山・松下 (2005),大阪の温帯林における首輪型GPS受信装置の有効性, 哺乳類科学. 45 (1): 35-42.
  • 石塚・大谷・森・田中・内藤・森田(2003) 淀川水系に生息する淡水性カメ類の疾病,大阪府食とみどりの総合技術センター研究報告,39:24-27.
  • 川井・大谷・石塚(2003),ニホンジカの分布と糞虫の分布の関係,大阪府食とみどりの総合技術センター研究報告,39:10-12.
  • 石塚・川井・大谷・入江(2002),イノブタにおける胸最長筋と皮下脂肪の品質特性,日本養豚学会誌,39(4):272-279.
  • 石塚・川井・大谷・入江(2001),野生ホンシュウジカ (Cervus nippon centralis) 筋肉における一般成分, 無機物含量と色調,日本畜産学会報,72(10):J551-556.
  • 岡林・石塚・川井・弓指・木村・奥野・佐藤・森田 (2000) 大阪における紅斑熱リケッチア症の疫学調査.獣医疫学雑誌,4(1):15-16.

〈その他〉

  • 上原(2020)巻頭言 地方行政において生物多様性の主流化は進んでいるか. 地域自然史と保全 42(2): 71 - 72. 
  • 幸田・池口・上原(2020)背中の赤いアカハライモリを発見. Nature study. 66: 17.
  • 相子ほか(2020)淀川ワンドの底泥と二枚貝におけるマイクロプラスチックの汚染実態.環境技術. 49(6): 311-315.
  • 相子ほか (2019) Accumulation of anammox sludge from leachate of adjustment reservoir of controlled final landfill site,Proceedings of the 4th International Anammox Symposium IANAS2019,113-118.
  • 上森・幸田・奥田 (2019) 竹林と木竹混交林におけるモウソウチク伐採後初期段階の樹木の定着状況. 地域自然史と保全. 41: 23-36.
  • 土井・伊藤(2019)大阪府における流木対策事業効果検証調査について.第54回近畿・中国・四国地区治山林道研究発表会発表論文集.55-57.
  • 上森・山本・土井 (2018) 空中写真判読による竹林の分布解析手法の開発. 公立林業試験研究機関研究成果選集. 15: 21-22.
  • 相子・中西・平(2017) 塩分濃度が海面埋立管理型廃棄物処分場調整池底泥の硝化に及ぼす影響. 日本水処理生物学会誌. 53(4): 1-9.
  • 小林・上森・土井・幸田・辻野・馬場(2016)大阪府におけるナラ枯れ被害初発地の被害状況の推移 : 被害発生翌年から6年間のモニタリング結果. 森林応用研究, 25(2);13-16.
  • 幸田・辻野・三輪・上森 (2016) 自動撮影カメラで確認された大阪府立環境農林水産総合研究所内の哺乳類相. 大阪府立環農水研報. 3: 9-11.
  • 豊原ほか (2007) 既存の公開型屋上緑化施設における緑化の目的と維持管理に関する考察. 日本緑化工学会誌. 33 (1): 307-310.
  • 平松・内藤・宮下・鍋島・新城(2007)市民団体「水路に親しむ会」による淀川左岸の幹線水路魚類調査. 大阪府立食とみどりの総合技術センター研究報, 43:23-28.
  • 豊原 (2006) 大阪府の都市緑化技術研究における二つの取り組み. 都市緑化技術. 59: 34-35.
  • 豊原・内山 (2004) リサイクル基材を用いた垂直面薄層緑化基盤の開発と基盤周囲の温度特性. 大阪府立食とみどりの総合技術センター研究報告. 40: 12-17.

■お問い合わせはこちら

環境研究部 自然環境グループ

[TEL]072-833-2770

[FAX]072-831-0229