お知らせ
平成30年1月20日(土曜日)9時から17時頃まで、システムメンテナンスのため、当研究所ホームページをご覧いただけません。詳しくは、こちらをご覧ください。

環境研究部 自然環境グループ
 

樋口部長
部長 樋口 浩行

グループの紹介

上原グループリーダー 野生生物の保護・管理や生物多様性の保全に関する調査研究に取り組むほか、森林や林業、緑化についての研究を行っています。

 

 

自然環境グループリーダー 上原 一彦

担当分野

  • [環境]野生鳥獣等の生息、被害状況調査
    • シカやイノシシ、アライグマなどの野生鳥獣の被害・捕獲状況等を調査しています。
  • [環境]放置森林対策技術の開発
    • 放置森林における病害虫被害や竹の侵入繁茂の状況把握調査を実施しています。
  • [環境]緑化・自然環境保全技術に関する人材の育成等
    • 地域緑化の推進及び自然環境再生(保全)技術の普及を目的として、市町村担当職員等を対象に緑化技術等研修会を実施しています。

調査研究成果

最近の共同研究実績

  • 木質バイオマスの固形燃料化と燃焼実証(近畿大学・(株)吉年ほか1社、H25)
  • 野生動物保護管理のための将来予測および意思決定支援システムの構築(兵庫県立大学・三重県農業研究所・(株)ブレイン、H22~)

主な業績

〈論文〉

  • 石塚・川井 (2012) GPS首輪による野生シカ・イノシシの行動調査. 果実日本. 67: 83-87.
  • 石塚・川井・山田・伊藤・大谷 (2012) 大阪北摂における野生ジカライトセンサス調査. 近畿中国四国農研. 20: 41-44.
  • 石塚・川井 (2012) 糞粒調査と狩猟および有害鳥獣捕獲データによる大阪府の野生ジカ生息動向. 近畿中国四国農研. 21: 29-32.
  • 石塚・西岡・川井・因野・出雲・庄・大谷 (2011) 大阪府における野生ホンシュウジカの食性. 近畿中国四国農研. 19: 45-48.
  • 石塚・川井・石井・大谷 (2009) GPS首輪を装着した野生ジカ2頭の行動調査. 近畿中国四国農研. 14: 100-104.
  • 石塚・因野・西岡・上脇・入江 (2009) 野生イノシシの胸最長筋及び皮下脂肪の品質に及ぼす捕獲時期と性の影響. 肉畜会報. 80 (2): 199-206.
  • 石塚・山田・西岡・川井・神山 (2008) Web検索で選出した関西所在の西洋料理店における野生鳥獣肉利用に関する調査. 近畿中国四国農研. 13. 38-42.
  • 石塚・川井・大谷・石井・山本・八丈・片山・松下 (2007) 季節,時刻および植生が大阪のニホンジカ (Cervus nippon) の行動圏に及ぼす影響.日本哺乳類学会. 47 (1): 1-9.
  • 川井・大谷・石塚・石井・松下 (2005) GPS首輪を利用したニホンジカの行動調査. 公立林業試験研究機関研究成果選集2: 5-6.
  • 豊原ほか (2007) 既存の公開型屋上緑化施設における緑化の目的と維持管理に関する考察. 日本緑化工学会誌. 33 (1): 307-310.
  • 豊原 (2006) 大阪府の都市緑化技術研究における二つの取り組み. 都市緑化技術. 59: 34-35.
  • 豊原・内山 (2004) リサイクル基材を用いた垂直面薄層緑化基盤の開発と基盤周囲の温度特性. 大阪府立食とみどりの総合技術センター研究報告. 40: 12-17.

■お問い合わせはこちら

環境研究部 自然環境グループ

[TEL]072-958-6551(代表)

[FAX]072-956-9691

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 環境科学センター

    環境科学センター

    環境科学センターは平成28年9月16日をもって閉鎖しました。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 水生生物センター

    水生生物センター

    水辺を中心とした生物多様性、イタセンパラやミズアオイなど希少種の保全、外来種対策、魚の病気などについて調査研究を行っています。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザは平成28年8月末をもって閉鎖しました。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

ページトップ