水産研究部 水産支援グループ (水産技術センター)
 

グループの紹介

佐野グループリーダー 大阪湾の水産資源の管理・増殖技術についての調査研究をはじめとして、府内水産業の振興に寄与する業務を幅広く行っています。

 

 大阪府の水産業振興のため、水産資源の管理・増殖とそれに係わる生物生息環境の保全・改善など、幅広い課題に取り組んでいます。また、「大阪産(もん)」等に代表される府内産水産物のブランド化推進の業務もあわせて実施していきます。

 

水産支援グループリーダー 佐野 雅基

担当分野

  • [水産]海を見守る
    • 水生生物の生息環境や漁場環境をモニタリングして、それらの保全・改善に役立てるとともに、漁業資源の回復や管理の基礎データとして研究に活用しています。
  • [水産]魚を調べる
    • 「魚は大阪湾のどこで産まれて、どこで育つの?」「魚は何を食べて、1年間でどれぐらい大きくなるの?」など、大阪湾に生息する魚の一生についていろいろと調べることによって、その魚の将来の獲れ具合を予測したり、魚の獲り方について漁業者の皆さんに提案したりしています。
  • [水産]魚を増やす
    • 人の手で魚の子供を作り育てて放流し、適正に管理し、資源を増やしつつ漁獲する方法を栽培漁業といいます。様々な工夫をして放流の効果を調べ、最も良い放流の仕方を研究しています。
  • [水産][環境]海辺を再生する
    • 水生生物は成長段階に応じて生活の場を移しますが、環境の悪化が進んだ大阪湾では、生育に必要な多様な環境が失われている可能性があります。そこで、様々な生息環境と生物の関係を調べ、多様性に富んだ大阪湾のあり方を検討しています。
  • [水産]府内産水産物のブランド化推進や水産業の6次産業化の業務についても取り組んでいきます。

オリジナルコンテンツ

調査研究成果

最近の研究実績

  • [水産]環境DNAを活用した藻場魚類の分布調査法の確立(H29~、関西空港調査会調査研究助成事業)
  • [水産]大阪湾におけるクルマエビ科小型エビ類の資源動態と環境要因の関係性の解明(H29~、大阪湾圏域の海域環境再生・創造に関する研究助成)

最近の共同研究実績

  • [水産]フリー配偶体の活用とサポート技術によるワカメ養殖のレジエリンス強化と生産性革命(水産研究・教育機構 瀬戸内海区水産研究所ほか、H30~H33)
  • [水産]資源・漁獲情報ネットワーク構築委託事業(水産研究・教育機構ほか、H30~)
  • [水産][環境]大阪湾における底魚不漁と環境要因の解明に向けた研究(京都大学、H26~H27)

  • [水産]瀬戸内海東部における海洋生物の食物網変動の検討(香川県水産試験場、H26~H28)

  • [水産][環境]海産バイオマス利用による死の海再生の実証研究(大阪府立大学ほか、H22~25)
  • [水産][環境]陸起源有機物の影響を考慮した大阪湾底質の類型化と底生動物分布との関係に関する研究(京都大学、H25)
  • [水産][環境]都市河川・河口下流域における天然アユの遡上・産卵・孵化復活に関する研究(大阪市立大学ほか、H20~24)
  • [水産][環境]河口堰下流域におけるヤマトシジミの資源増大および管理技術の開発(中核機関、水産総合研究センター水産工学研究所ほか、H21~23)
  • [水産][環境]沿岸海域の栄養塩管理技術の開発事業(水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所ほか、H22~26)
  • [水産]沿岸育成場を利用したキジハタ、オニオコゼの資源増殖技術の開発(水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所ほか、H21~24)
  • [水産]種苗放流による資源造成支援事業(水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所ほか、H23~H27)
  • [水産]生態系ネットワーク修復による持続的な沿岸漁業生産技術の開発(水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所ほか、H25~H29)

主な業績

  • 安岡法子(2018)性転換するカキ類.うみうし通信.99:2-3.
  • 木村祐貴・日比野友亮ほか(2017)緑の火山島 口永良部島の魚類.鹿児島大学総合研究博物館
  • 大美博昭・佐野雅基・日下部敬之(2017)大阪湾で8~10月に出現したウシノシタ科稚魚の形態と分布. 水産海洋研究. 81:284-292.
  • 竹谷裕平・高津哲也・山中智之ほか(2017)青森県周辺海域におけるキアンコウの背鰭第1棘による年齢査定. 日本水産学会誌. 83:9-17.
  • 甲田和也・津行篤士・ 海野徹也・竹下直彦・辻村浩隆(2016)飼育塩分がクロダイ幼魚の成長,魚体成分および耳石Sr:Ca比に及ぼす影響.日本水産学会誌.82: 720-726.
  • 佐野雅基・稲垣裕太ほか(2015)大阪湾における底魚不漁と環境要因の解明に向けた研究(その2)大阪湾の埋め立て地周辺海域における底質環境とマクロベントスの動向に関する研究.瀬戸内海.70:59-61.
  • 大美博昭・日下部敬之(2015)淀川河口域におけるアユ仔魚の出現. 地域自然史と保全.37:103-114.
  • Yuta Inagaki, Tetsuya Takatsu,Takao Uenoyama, Noriko Yoneda, Shinichi Yokoyama, Yoshihiko Kamei, Naoto Kobayashi, Toyomi Takahashi(2015)Effects of hypoxia on the feeding intensity and somatic condition of the blackfin flounder Glyptocephalus stelleri in Funka Bay, Japan.Fisheries Science.81: 687–698.
  • 横山寿・佐野雅基(2015) 大阪湾,2013 年の底層環境—主成分分析による水域区分と既往調査との比較—. 日本水産学会誌.81: 68-80.
  • Hiroyuki Ariyama・Masaki Sano(2015)Growth, reproduction and ontogenetic migration of the greasyback shrimp Metapenaeus ensis in Osaka Bay. Japan.Plankton Benthos Res. 10: 55–66.
  • Hiroyuki Ariyama, Hiroaki Omi, Hirotaka Tsujimura and Taichi Wada(2014) Three rare mantis shrimps collected from Osaka Bay, Japan (Crustacea: Stomatopoda). Bulletin of the Osaka Museum of Natural History. 68: 27-39.
  • 山本昌幸・大美博昭ほか(2013) 瀬戸内海における沿岸性主要資源の漁獲変動. 水産海洋研究. 77: 308-311.
  • Hiroyuki Ariyama and Masaki Sano(2013) Redescription of a "rare" crab Hemigrapsus longitarsis(Miers,1879)(Decapoda:Brachyura:Varunidae) based on the newly designated lectotype and recently collected material from Osaka Bay,central Japan,with some ecological notes. Crustacean research. 42: 1-16.
  • Hiroyuki Ariyama(2013) Reinstatement of Paragrandidierella (Crustacea: Amphipoda: Aoridae) from Japan, with the description of a new species,Species Diversity 18(2).
  • Hiroyuki Ariyama (2012) A new species of Bollegidia (Crustacea: Amphipoda: Bogidiellidae sensu lato) from Kushimoto coast, central Japan. Studies on Eumalacostraca: a homage to Masatsune Takeda (Crustaceana Monographs, 17), Brill, Leiden: 71-80.
  • 日下部敬之 (2012) 水産海洋学教育の新たな手段「チリメンモンスター」. 水産海洋研究. 76: 173-175.
  • 有山啓之ほか (2012) 干潟の絶滅危惧動物図鑑 海岸ベントスのレッドデータブック. 東海大学出版会.
  • Hiroyuki Ariyama and Yoshihiro Fujiwara (2011) First record of Ericthonius megalopus (Sars, 1879) from bathyal Sagami Bay, central Japan, including synonymization of Ericthonius tolli Brüggen, 1909 with Ericthonius megalopus (Crustacea: Amphipoda: Ischyroceridae). Journal of Natural History. 45: 2795-2814.
  • Hiroyuki Ariyama and Kensaku Azuma (2011) A new genus and species of Paracalliopiidae (Crustacea: Amphipoda) from the Shimanto Estuary, western Japan. Species Diversity. 16: 137-147.
  • 日下部敬之 (2011) 大阪湾産イヌノシタ Cynoglossus robustus の年齢と成長. 日本水産学会誌. 77: 1-7.
  • 有山啓之 (2011) 堺市前の海底で発見されたムツサンゴ. Nature Study. 56: 165-166.
  • 有山啓之・David H. Secor (2011) 平成22年度資本水産学会論文賞受賞 Effect of environmental factors, especially hypoxia and typhoons, on recruitment of the gazami crab Portunus trituberculatus in Osaka Bay, Japan. 日本水産学会誌. 77: 573
  • 有山啓之・鍋島靖信ほか (2011) 写真でわかる磯の生き物図鑑. トンボ出版

関連リンク(外部サイト)

■お問い合わせはこちら

水産研究部 水産支援グループ

[TEL]072-495-5252

[FAX]072-495-5600

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ