お知らせ
平成30年1月20日(土曜日)9時から17時頃まで、システムメンテナンスのため、当研究所ホームページをご覧いただけません。詳しくは、こちらをご覧ください。

食の安全研究部 園芸グループ
 

鈴木部長
部長 鈴木 敏征

グループの紹介

 大阪で育まれ大阪で栽培される大阪産(もん)野菜・果樹・花の生産を総合的に支援するための調査研究に取り組むほか、都市の緑化や農業の福祉分野への活用について研究を行っています。

 主要農作物種子法に基づき、大阪に適した水稲品種の選定を行い、優良な種子を供給しています。また、作物栽培に関する問題を解決するための調査及び試験を行っています。

 

 農業の生産基盤である土壌や農産物の生育障害に関する豊富なデータを背景に、地域の特性に応じた高品質農産物の生産に向けた調査研究を行っています。

 大阪府奨励品種の種子を供給することで、府内農家の水稲安定生産に貢献しています。

 大阪府での栽培に適した新しい水稲品種の試験栽培を行い、府内で普及すべき優良な品種の選定に取り組んでいます。

 夏の高温に対応した水稲の栽培方法の検証を行っています。

 

園芸グループリーダー 磯部 武志

担当分野

野菜・果樹
  • [農林]野菜と果樹の高品質低コスト安定生産技術開発
    • 新しい栽培方法の検討や生理障害対策、優良種苗の増殖等により、高品質な野菜と果樹を低コストかつ安定的に生産するための技術を開発しています。
  • [農林]野菜と果樹の栽培環境制御技術開発
    • 夏季高温や冬季の燃料費高騰、高湿度による病害発生等に対応するために、野菜と果樹の栽培環境を低コストかつ安定的に制御できる技術を開発しています。
花き・福祉
  • [農林]花きの生産・品質向上技術の開発と都市緑化技術開発
    • 開花調節技術や常温での品質保持技術の開発等に取り組んでいます。また、壁面緑化など都市緑化に関する調査研究を行っています。
  • [農林]福祉分野での園芸活用
    • 農の持つ福祉的・教育的機能を活用し、障がいのある人や高齢者を対象とした園芸福祉や就労支援のためのプログラム開発等を研究しています。
土壌・肥料
  • [農林]土壌改良
    • 堆肥などの有機物を使った土壌改良の研究を行っています。
  • [農林]有害化学物質の抑制
    • 重金属などの有害化学物質を作物に吸収しにくくする研究を行っています。
  • [農林]肥料の安全性確認
    • 肥料の安全性を確認しています。
  • [農林]温室効果ガスの発生抑制
    • 炭酸ガスなど温室効果ガスの発生抑制を調査しています。
作物
  • [農林]農作物種子対策事業
    • 水稲の原種を生産し、採種農家に提供しています。
  • [農林]水稲奨励品種有望系統調査
    • 新しい有望な奨励品種を決めるための調査を行っています。
  • [農林]水稲作況調査
    • 水稲の作柄状況を調べています。
  • [農林]新植物調節剤実用化試験
    • 新しい除草剤や植物生育調節剤の効果確認のための試験を行っています。
  • [農林]水稲高温登熟障害対策
    • 高温に強い品種の選定や高温でも品質が維持できる栽培技術の調査を行っています。

オリジナルコンテンツ

調査研究成果

野菜・果樹
花き・福祉
土壌・肥料
作物

 

最近の共同研究実績

野菜・果樹
  • 豚ふん中の有用資源を循環利用する事業モデルの構築(日立造船(株)、宮崎大学、熊本大学、H25~26)
  • 主要野菜の栽培に適した有機質肥料活用型養液栽培技術の実用化(農研機構野菜茶業研究所、(株)エスペックミック等、H22~24)
  • 既存の自然換気型温室に利用可能な簡易設置型パッドアンドファン冷房の開発(岐阜大学、(株)揖斐川工業等、H22~24)
  • 豚ふん堆肥の炭化による低コストなリン・カリウム回収技術と環境保全型農業資材の開発(宮崎大学、(株)日立造船等、H22~24)
  • コンポスト施用の安全性と有効性の微生物学的評価法の確立(大阪府立公衆衛生研究所、大阪大学等、H22~24)
  • 防疫・省力・高品質機能を合せ持つ革新的イチジク樹形の開発(高知大学、兵庫県、福岡県等、H20~22)
  • 高温多湿期の施設葉菜類への株元送風換気による病害生理障害の一石二鳥抑制技術の開発(大阪府立大学、(株)日本医化、H21~23)
  • 加工用果実生産に向けたイチジク「イスキアブラック」の栽培法の開発((株)かつら屋、22)
  • ポジティブリスト対応、ドリフト防止可能な発泡散布技術の開発(大阪府立大学、(株)アワフル等、H19~21)
花き・福祉
  • 都市域直売切り花の需要に対応する特定日開花・常温品質保持技術の開発(奈良県・兵庫県・和歌山県・農研機構近畿中国四国農業研究センター・京都府立大学・クリザール・ジャパン(株)、H22~)
土壌・肥料
  • 農林水産省「農林水産業・食品産業科学技術研究推進事業:中空構造栽培槽で「勝てる」イチゴ」(奈良県農業総合センター・国立大学法人 鳥取大学 農学部・(独)農研機構近畿中国四国農業研究センター(四国研究センター、綾部研究拠点)・大日本プラスチックス(株)・(株)ヴェイル、H23~25)
  • 中空構造栽培槽による栄養塩排出抑制技術の開発(鳥取大学、H23~)
  • 畜産廃棄物を利用した肥効調節資材の開発(鳥取大学、H22~)

 

主な業績

〈論文〉

野菜・果樹
  • Yuka Miwa, Akihiro Hosomi and Takaaki Ishii(2014) Lesion spreading of ceratocystis canker on ‘Masui Dauphine’ fig trees. International Journal of Agricultural Policy and Research. 2(2): 55-60.
  • 磯部武志・大野修護・三輪由佳・細見彰洋(2012) 結果枝数がイチジク‘イスキア・ブラック’の結果枝生育および果実品質に及ぼす影響. 近畿中国四国農業研究. 22. 53-56.
  • Akihiro Hosomi, Yuka Miwa, Takashi Mano(2012) Shoot Growth and Fruit Production of ‘Masui Dauphine’ Fig Trees having High Limb Position with Downward Shoots. J.Japan.Soc.Hort.Sci. 81(2): 159–165.
  • 真野隆司・水田泰徳・伊東明子・磯部武志・細見彰洋・森口卓也(2012) 主枝高がイチジクの凍害発生に及ぼす影響. 園芸学研究. 11(3): 351-356.
  • Akihiro Hosomi, Yuka Miwa, Makoto Furukawa, Mitsuo Kawaradani(2012) Growth of Fig Varieties Resistant to Ceratocystis Canker following Infection with Ceratocystis fimbriata. J.Japan.Soc.Hort.Sci. 81(2): 159-165.
  • 嘉悦佳子・森川信也・中村謙治・阿部一博(2012) 水耕栽培における窒素施用量およびアンモニア態窒素と硝酸態窒素の割合が‘毛馬’キュウリ(Cucumis sativus L.cv.Kema)の苦み発現および収量に及ぼす影響. 日本食品保蔵科学会. 38(3): 141-146.
花き・福祉
  • 豊原憲子ほか (2008) 熱融着性ポリエステル繊維で固化した培地で育苗した花壇苗の特性とこの苗を用いた簡易な壁面緑化の検討. 日本緑化工学会誌.34 (1): 103-108.
  • 豊原憲子ほか (2007) 農産園芸福祉の普及に向けて-高齢者を対象とした農産園芸福祉実践における留意点-.農業および園芸 82 (4): 437-444.
  • 若村・田中・豊原憲子ほか (2007) Sex pheromone of the blue striped nettle grub moth Parasa lepida (Cramer) (Lepidoptera: Limacodidae): Identification and field attraction, Appl.Entomol.Zool. 42 (3): 347-352.
  • 豊原憲子 (2006) 福祉施設等での園芸活動実践における障壁についての考察. 大阪府立食とみどりの総合技術センター研究報告. 42: 11-15.
  • 豊原憲子・内山知二 (2005) 高齢者の福祉的活動としての農作業における問題点の把握と支援方法の提案. 近畿中国四国農業研究. 6: 88-94.
  • 豊原憲子・奥野・内山知二 (2005) 前処理方法および観賞時の温度がアイリス切り花の開花に及ぼす影響. 大阪食とみどり総合技術センター研究報告. 41: 1-6.
  • 吉田・豊原憲子ほか (2005) オリエンタル系ユリ品種カサブランカの球根品質に対する氷温帯での貯蔵温度と期間の影響. 氷温科学. 8: 24-30.
土壌・肥料
  • 佐野修司・内山知二・東昌弘 (2011) 樹木オイル抽出残さより作成された各種炭におけるカリウムの肥料効果の解析. 土肥誌. 82: 58-60.
  • Sano, S., Tatsumi, M., and Uchiyama, T. (2011) Evaluation of carbon status in agricultural soils in relation to land use and labile fractions. 10th ESAFS, Colombo, Sri Lanka: 257-258.
  • Uchiyama, T. and Sano, S. (2011) Short-term effects of cattle manure application on paddy soil properties with special reference to labile carbon fractions. 10th ESAFS, Colombo, Sri Lanka: 259-260
  • 佐野修司・田中寛・柴尾学・内山知二 (2010) 簡易な試験装置を用いたチャコウラナメクジの土壌環境に対する選好性の評価. 平成21年度近畿中国四国農業研究成果情報.
  • Sano, S., Uchiyama, T. and Tatsumi, M. (2010) Evaluation of agricultural soil properties and organic material management in urban areas, Osaka Prefecture in Japan. 19th WCSS, Brisbane, Australia. Proceedings: 102-104.
  • Uchiyama, T., Sano, S. and Kimura, Y. (2010) Short-term effect of organic materials application on properties of agricultural soils in urban areas, Osaka Prefecture in Japan. 19th WCSS, Brisbane, Australia. Proceedings: 218-220.
  • 内山知二・佐野修司 (2010) 同一土壌条件で栽培された品種別タマネギのカドミウム成分特性. 近畿中国四国農研. 16: 57-60.
  • 内山知二・佐野修司 (2009) 様々な農業施設における位置情報計測機器の特性. 近畿中国四国農研. 14: 114-117.
  • 佐野修司・田中寛・柴尾学・内山知二 (2009) チャコウラナメクジにおける土壌中の銅イオンに対する選好性の評価. 近畿中国四国農研. 15: 13-15.
  • 佐野修司・岡邦廣・内山知二 (2008) レンゲの生育安定化技術と地上部保有窒素量の推定による減化学肥料水稲栽培技術 平成19年度近畿中国四国農業研究成果情報: 85-86.
  • 内山知二・佐野修司 (2007) 未熟な樹木チップマルチが冬野菜の生育におよぼす影響. 近畿中国四国農研. 10: 20-24.

〈著書〉

  • 佐野修司 (2012) アブラナ収穫残渣の抑草・肥料効果. In農業技術体系 作物編 追録第33号 第2-②巻 イネ(基本技術②). 技 522の9の106-109. 農山漁村文化協会. 東京.(In最新農業技術 作物VOL.4 181-1184. 農山漁村文化協会. 東京.)
  • 佐野修司 (2008) 日本の農耕地土壌における窒素の形態別定量評価. In 土壌肥沃度の評価と管理 -食料生産と環境保全の両立に向けて-. 博友社. 東京: 7-39.
  • 豊原憲子ほか (2007) 福祉のための農園芸活動. 農文協:編著
  • 豊原憲子 (2006) 切り花の品質保持マニュアル. (株)流通システム研究センター: 81,97. (分担執筆)

〈受賞歴〉

  • 内山知二(2014) 日本土壌学会技術賞
  • 佐野修司(2013) 日本土壌肥料学会技術奨励賞 

〈特許〉

  • 森川信也(2014) 発泡装置. 特許第5563792号. 26年6月20日
  • 内山知二(2013) 植物栽培装置. 特許第5430919号. 25年12月13日
  • 森川信也(2013) 発泡散布装置. 特許第5358135号. 25年9月6日
  • 森川信也(2013) 施肥器. 特開2013-143919. 25年7月25日
  • 内山知二・佐野修司(2012) 肥効調節機能を持つ土壌改質材. 特開2012-246386. 24年12月13日
  • 森川信也・草刈眞一(2012) 水耕栽培用パネル. 特開2012-165680号. 24年9月6日
  • 森川信也(2012) 定量潅水による育苗・栽培方法. 特許第5010931号. 24年6月8日

〈品種登録〉

  • 細見彰洋・磯部武志・古川真・三輪由佳・林部寿美雄(2014) ポンタ. 品種登録出願第28922号. 26年2月13日

関連リンク(外部サイト)

■お問い合わせはこちら

食の安全研究部 園芸グループ

[TEL]072-958-6551(代表)

[FAX]072-956-9691

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 環境科学センター

    環境科学センター

    環境科学センターは平成28年9月16日をもって閉鎖しました。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 水生生物センター

    水生生物センター

    水辺を中心とした生物多様性、イタセンパラやミズアオイなど希少種の保全、外来種対策、魚の病気などについて調査研究を行っています。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザは平成28年8月末をもって閉鎖しました。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

ページトップ