農業大学校
 

グループの紹介

森田校長 農業大学校は、農業に関する知識及び技術の教育を行い、農業者を養成する施設です。

 幅広い視野から農業を考え、時代の変化に対応した技術力と判断力、応用力を身につけた大阪農業の担い手や農業技術者を養成することを教育方針としています。

 

 講師陣には研究所OB、府内で農業技術指導に携わってきた普及指導員等を据え、当研究所の調査研究成果や普及指導員が現場で積み重ねてきた経験や情報に基づく講義・実習などを行っています。

 

農業大学校長 森田 彰朗

担当分野

  • [農林]農業大学校養成科
    • 高等学校卒業者であって、本校卒業後大阪府内において農業又は農業技術者として従事する志のある者を対象に、2年間の実践的な農業教育を実施。
  • [農林]短期プロ農家養成コース
    • 新規就農を目指す方や農業技術を深めたい方を対象に、野菜部門と果樹部門の2部門で実施。

オリジナルコンテンツ

調査研究成果

■お問い合わせはこちら

農業大学校

[TEL]072-979-7032

[FAX]072-956-9691

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 環境科学センター

    環境科学センター

    環境科学センターは平成28年9月16日をもって閉鎖しました。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 水生生物センター

    水生生物センター

    水辺を中心とした生物多様性、イタセンパラやミズアオイなど希少種の保全、外来種対策、魚の病気などについて調査研究を行っています。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザは平成28年8月末をもって閉鎖しました。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

ページトップ