環境分野 快適な環境や生物多様性の保安全を支える調査研究

平成18年度SPM濃度及びSPM中の各種成分濃度調査結果の概要

平成18年度調査結果の概要

1 調査地点

【一般大気環境測定局】

茨木市役所
八尾市役所
富田林市役所

 

【自動車排出ガス測定局】

高槻市役所

2 調査期間

毎月 14日間連続捕集

3 SPM調査結果の概要

(1)経年変化(平成13~18年度)

  • SPM濃度は、一般局、自排局ともに減少傾向にある。・・・[図-1]
  • SPM中の各種成分濃度については、金属類、多環芳香族炭化水素類及び一般局の炭素成分濃度がゆるやかな減少傾向にあり、自排局の炭素成分濃度は大幅に減少した。

  • 一方、イオン成分濃度は、塩化物イオン、カリウムイオン(ともに廃棄物焼却粒子の指標)及び硝酸イオン濃度は減少傾向にあるが、硫酸イオンとアンモニウムイオン濃度は増加傾向にあり、イオン成分全体としては横ばい傾向にある。

  • 一般局では、炭素成分よりもイオン成分の方が濃度が高い。一方、自排局では、イオン成分よりも炭素成分の方が濃度が高い傾向にあったが、平成17年度以降は、イオン成分の方が濃度が高く、一般局の組成に近づく傾向にある。・・・[図-2]

 

図2

 

(2)経月変化(平成18年度)

  • SPM濃度は、4月及び10月から2月にかけて高い傾向にあった。・・・[図-3]
  • SPM中の各種成分濃度については、金属類濃度は、4月に最大値を示したが、他の月は濃度変動があまりなかった。4月は土壌由来の金属類濃度が高く、調査期間中に黄砂の飛来が観測されていることから黄砂の影響が考えられる。

  • 一方、イオン成分濃度は、10月から2月にかけて高い傾向にあり、特に10月は硫酸イオンとアンモニウムイオンの濃度が高く、2月は硫酸イオン、硝酸イオン及びアンモニウムイオンの濃度が高かった。・・・[図-4]

図3

 

図4

 

■お問い合わせはこちら

環境研究部 環境調査グループ

[TEL]072-979-7064

[FAX]072-956-9790

ページトップ