水産研究部 海域環境グループ (水産技術センター)
 

グループの紹介

 大阪府民にとってかけがえのない大阪湾の環境保全・改善についての調査研究を実施しています。

 

 大阪湾の海域環境と水生生物に関する調査研究部門として、多くの課題に取り組んでいます。また、大阪湾に関する情報を府民の皆様にお届けすることも、私たちの大きな役割です。水温速報や貝毒原因プランクトン情報などを、当研究所ホームページにてリアルタイムでお届けしています。

 

海域環境グループリーダー 山本 圭吾

担当分野

  • [水産][環境]海を見守る
    • 大阪湾の環境をモニタリングして、漁場環境の保全・改善に役立てるとともに、漁況予測や資源管理の基礎データとして活用します。また、漁業被害の未然防止や食の安全の向上のため、有害・有毒プランクトンの発生状況を調べています。
  • [水産][環境]食の安全を守る
    • 漁業被害の未然防止や食の安全の向上のため、有害・有毒プランクトンの発生状況を調べるとともに、発生機構の解明について研究を進めています。
  • [水産][環境]きれいで豊かな海を目指す
    • 府民の憩いの場としての美しい海域環境と、豊かな漁業生産を両立させるための栄養塩管理のありかたについて研究を進めています。

オリジナルコンテンツ

調査研究成果

最近の共同研究実績

  • [水産][環境]微生物相に基づく漁業被害の発生予測・抑制技術の開発(水産総合研究センター、H23~H27)
  • [水産][環境] 閉鎖性海域・瀬戸内海における栄養塩濃度管理法の開発(広島大学、H26~)
  • [環境]ウイルスは海洋生物多様性を創生・維持する素粒子か?(京都大学、H26~)
  • [水産] [環境] 貝毒リスク管理措置の見直しに向けた研究(水産総合研究センター中央水産研究所、H26~)
  • [水産][環境]瀬戸内海等での有害赤潮発生機構解明と予察・被害防止等技術開発(水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所ほか、H25~)
  • [水産][環境]東部瀬戸内海における植物プランクトン群集の基礎生産力とその1960年代からの変化(京都大学、H25~)
  • [水産][環境]沿岸海域の栄養塩管理技術の開発事業(水産総合研究センター瀬戸内海区水産研究所ほか、H22~H26)
  • [水産][環境]大阪湾流入の陸域由来による大阪湾海域の難分解性有機物及び窒素、リンに関する研究(兵庫県環境研究センター、H25)
  • [水産][環境]河川下流から河口域にかけての有害赤潮発生機構の解明と抑制方法の検討(神戸大学ほか、H24)
  • [水産][環境]淀川河川水からのリン供給が麻痺性貝毒原因渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseおよび珪藻Skeletonema sp.の種間競合に及ぼす影響に関する研究(北海道大学、H24)
  • [水産][環境]河口堰下流域におけるヤマトシジミの資源増大および管理技術の開発(中核機関、水産総合研究センター水産工学研究所ほか、H21~H23)

主な業績

  • 多田邦尚・西川哲也・樽谷賢治・山本圭吾・一見和彦・山口一岩・本城凡夫(2014) 瀬戸内海東部海域の栄養塩低下とその低次生物生産過程への影響. 沿岸海洋研究. 52(1): 39-47.
  • 及川寛・山本圭吾・長井敏(2014) 海水試料の毒量分析による麻痺性貝毒モニタリング手法の開発と検証. 水産技術. 6(2). 161-167.
  • 夏池真史・今井一郎・山本圭吾・中嶋昌紀(2013) 淀川河川水からのリン供給が麻痺性貝毒原因渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseおよび珪藻Skeletonema sp.の種間競合に及ぼす影響について. 瀬戸内海. 66: 50-53.
  • Keigo Yamamoto, Hirotaka Tsujimura, Masaki Nakajima, and Paul J. Harrison(2013) Flushing rate and salinity may control the blooms of the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense in a river/estuary in Osaka Bay, Japan,Journal of Oceanography, DOI 10.1007/s10872-013-0203-7.
  • Satoshi Nagai, Keigo Yamamoto, Naotugu Hata, Shigeru Itakura (2012) Study of DNA extraction methods from single resting cysts of the toxic dinoflagellate Alexandrium tamarense and A. catenella. Marine Genomics. 7: 51-56.
  • 中嶋昌紀・松本弘史・矢持 進 (2012) 大阪湾および淀川・大和川における難分解性有機窒素の動態について. 土木学会論文集B2 (海岸工学). 68: I_1036-I_1040.
  • 山本圭吾・大美博昭・佐野雅基 (2011) 2007年春期に淀川感潮域で発生した有毒渦鞭毛藻 Alexandrium tamarense 赤潮とシストの分布. 日本プランクトン学会報. 58. 136-145.
  • 樽谷賢治・中嶋昌紀 (2011) 閉鎖性内湾域における貧栄養化と水産資源. 水環境学会誌. 34 (A-2). 47-50.
  • 山本圭吾・松山幸彦・大美博昭・有山啓之(2010) ブルーム盛期における麻痺性貝毒原因プランクトンAlexandrium tamarenseの日周鉛直移動,環境要因および細胞毒量の変化. 日本水産学会誌. 75(5): 877-885.
  • 山本圭吾・鍋島靖信・山口峰夫・板倉茂(2009) 2006年および2007年の大阪湾における有毒渦鞭毛藻Alexandrium tamarenseとA.catenellaシストの分布と現存量. 水産海洋研究. 73(2): 57-66.
  • 山本圭吾・中嶋昌紀・田渕敬一・濱野米一(2009) 2007年春期に大阪湾で発生したAlexandrium tamarense新奇赤潮と二枚貝の高毒化. 日本プランクトン学会誌. 56(1): 13-24.
  • 中嶋昌紀・藤原建紀(2007) 大阪湾のエスチュアリー循環流と貧酸素水塊. 沿岸海洋研究. 44(2): 157-163.
  • 山本圭吾(2005) 瀬戸内海における環境及び動物プランクトンの変化. 海洋と生物. 158. 27(3): 222-229.
  • 呉碩津・松山幸彦・山本民次・中嶋昌紀・高辻英之・藤沢邦康(2005) 近年の瀬戸内海における有害・有毒渦鞭毛藻の分布拡大とその原因-溶存態有機リンの生態学的重要性. 沿岸海洋研究. 43(1): 85-95.

関連リンク(外部サイト)

■お問い合わせはこちら

水産研究部 海域環境グループ

[TEL]072-495-5252

[FAX]072-495-5600

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ