旧大阪府環境情報センター所報・大阪府公害監視センター所報

旧大阪府環境情報センター所報・大阪府公害監視センター所報

第22号以前は、大阪府公害監視センター(大阪府環境情報センターの旧称)所報となっています。

第25号(平成18年3月)

Ⅰ 業務概要編(PDF形式 10MB)

Ⅱ 業務報告編

Ⅲ 調査研究編

Ⅳ 抄録(PDF形式 2MB)

第24号(平成17年2月)

Ⅰ 業務概要編(PDF形式 146KB)

Ⅱ 業務報告編

Ⅲ 調査研究編

Ⅳ 抄録(PDF形式 25KB)

第23号(平成15年6月)

Ⅰ 業務概要編(PDF形式 1,002KB)

Ⅱ 業務報告編

Ⅲ 調査研究編

Ⅳ 抄録(PDF形式 285KB)

第22号(平成14年1月)

Ⅰ 業務編(平成12年度概要)(32KB)

Ⅱ 業務編(報告)

Ⅲ 調査研究編

Ⅳ 抄録(29KB)

第21号(平成12年11月)

Ⅰ 業務編(概要)(39KB)

Ⅱ 調査研究編(論文)

Ⅲ 調査研究編(報文)

Ⅳ 抄録(23KB)

第20号(平成12年3月)

Ⅰ 業務編(概要)

Ⅱ 調査研究編(論文)

  • 有害大気汚染物質モニタリングにおけるVOC測定データの検証  服部幸和 他
  • LC/MSによるカルボニル化合物の分析  上堀美知子
  • 化学物質のリスクコミュニケーションに関する調査について  橋田 学 他
  • 多層平行板型デニューダーによるアンモニアと塩化水素ガス捕集の検討 岡 憲司

Ⅲ 調査研究編(報文)

  • 排ガス中の五塩化リン、三塩化リン測定方法の検討  但馬由美 他
  • 着色排水問題の検討について その3 測 定 方 法 (2) 松田尚通 他
  • MBODによる大阪湾の富栄養化調査 柴田次郎 他
  • 降下ばいじんの測定結果 井上香織 他

Ⅳ 抄録

第19号(平成11年3月)

Ⅰ 業務編(概要)

Ⅱ 業務編(報告)

  ・環境情報システムの概要  企画室

Ⅲ 調査研究編(論文)

  • 東アジアにおける材料腐食に及ぼす環境因子に関する研究  辻野喜夫 他
  • 環状デニューダによるアンモニア、塩化水素及び硝酸ガスの同時捕集報の検討(Ⅱ)  岡 憲司
  • 水素化物発生/ICP発光分析法によるアンチモンの定量における臭化カリウムを用いた予備還元法に関する検討  桂野龍太郎 他
  • クロロベンゼン類の簡易クリーンアップ法の検討 西村貴司
  • 環境大気中のダイオキシン類の挙動  西村貴司 他
  • 近木川の底生動物と水辺環境  田口圭介 他

Ⅳ 調査研究編(報文)

  • 着色排水問題の検討について その2 測定方法  松田尚通 他
  • 降下煤塵・貯留水の現在と’60年代後半の比較  岡 憲司
  • 農薬分析の固相抽出法における固相乾燥方法に関する基礎的検討 岡田一郎 他

第18号(平成9年12月)

Ⅰ 業務編(概要)

Ⅱ 業務編(報告)

  • ポケットベル回線とLED表示装置を利用した緊急時一斉指令システムの整備・更新について  監視課
  • 太陽光発電システムの導入  企画室
  • インターネットによる環境情報の発信  企画室

Ⅲ 調査研究編(論文)

  • 水中農薬のディスク型固相抽出法による迅速分析-乾燥器によるディスク型固相の乾燥-  吉田政治
  • 要監視項目排出実態調査  上堀美知子 他
  • 環状デニューダによるアンモニア、塩化水素及び硝酸ガスの同時捕集報の検討(Ⅰ)  岡 憲司
  • 大阪府における食料供給・消費における窒素・リン循環の試算  山本勝彦 他

Ⅳ 調査研究編(報文)

  • 総合汚濁指標による河川の評価  松本恵明 他
  • クロロニトロベンゼン類分析のためのシリカゲルによるクリーンアップ法について  西村貴司
  • 条例有害物質の一斉分析に関する検討-分離と液液抽出-  西村貴司
  • HPLCによる排ガス中のフェニレンジアミンの定量  西村貴司
  • 4,4-メチレンビス(2-クロロアニリン)のHPLCによる定量のための基礎的検討   西村貴司
  • 着色排水問題の検討について その1-現況  増山真由美 他
  • 大阪府における光化学大気汚染物質による植物被害調査 -Ⅱ  井上香織 他
  • 有害大気汚染発生施設からの寄与濃度の予測及びリスクの推定  橋田 学 

Ⅴ 抄録

第17号(平成8年12月)

Ⅰ 業務概要編

Ⅱ 調査研究編(論文)

  • リンゴ酸-リンゴ酸ナトリウム コーティング環状デニューダによるアンモニア、硝酸ガスの同時捕集  岡 憲司

Ⅲ 調査研究編(報文)

  • パソコンを利用したオキシダント濃度予測について  阪本 一
  • GC/MSによる環境大気中のクロロピクリンの分析  西村貴司 他
  • 悪臭物質としてのアルデヒド類の分析  西村貴司 他
  • 排ガス中のアミノピリジン分析法の基礎的検討  西村貴司 他
  • 塗料等の加熱により発生するアルデヒド類の分析  鎌田暁義 他
  • 事業場排水中のニッケル、アンチモンの分析について  坂本明子 他
  • LCAに関する入門的解説と日本における研究動向について  岡田一郎 他
  • 環境管理・監査の動向について  岡本和巳 他
  • 道路交通振動の距離減衰パターンに関する一考察  今立高廉 他
  • 大和川水系の底生動物相と水辺環境  田口圭介 他
  • 水辺環境好感度アンケート調査の結果について 田口圭介 他

Ⅳ 抄録

第16号(平成7年12月)

Ⅰ 業務概要編

Ⅱ 調査研究編(論文)

  • ガス状HNO3,HCl,HFのウレタンフォームによる捕集およびウレタン塗料環状デニューダによる捕集  岡 憲司

Ⅲ 調査研究編(報文)

  • 大阪府における酸性雨調査結果について  井上香織 他
  • 大気汚染常時監視システム<環境系>の更新について  坂本 一
  • 都市大気中のLVサンプラーサイクロンのカット特性  西川 都 他
  • 夾雑物を含む揮発性有機化合物のヘッドスペース法による分析  森本栄一郎 他
  • 固相抽出-GC/MS法による水試料中農薬の一斉分析  中井真司 他
  • 大和川水質調査  坂本明子 他

Ⅳ 抄録

第15号(平成6年12月)

Ⅰ 業務概要編

Ⅱ 調査研究編(論文)

  • JIS法及びISO法による海塩粒子評価法の検討-HClガスによる干渉  岡 憲司
  • 遠心分離/ICP発光分析法による排水試料中のリンの迅速定量  中村 智 他
  • 水素化物発生/ICP発光分析法による水環境試料中のヒ素、セレン及びアンチモンの逐次定量  中村 智 他

Ⅲ 調査研究編(報文)

  • コンクリートつららからの滴下水及び浸漬セメントからの溶出成分の分析  岡 憲司
  • 1998~1993年の降下ばいじんおよび二酸化鉛法による亜硫酸ガスの測定結果  井上香織 他
  • ため池底泥からの汚濁質の溶出について  柴田次郎 他
  • 大阪湾における底質中の重金属の鉛直分析  東 義仁 他
  • オキシダント濃度の予測  坂本 一 他
  • 大阪湾富栄養化シミュレーションについて  山本勝彦
  • SPM濃度の推移及びSPMと金属成分、炭素成分の関係  宮本弘子 他
  • 大気中揮発性有機塩素化合物の分析法の検討  中戸靖子 他
  • 大阪における視程と大気汚染濃度の関係について  多田桂子 他
  • イオンクロマトグラフ法による工場排ガス中の窒素酸化物連続測定装置の精度検証  山崎裕康 他
  • 事業場排水試料中の揮発性有機化合物の一斉分析  高橋幸治 他
  • 大津川河川水におけるBODとCODとの相関に関する調査  中村 智 他

Ⅳ 抄録

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ