お知らせ
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため研究所主催イベント等中止しております。詳細はこちらをご覧ください。

農林分野 安全で豊かな食と農を支える調査研究

水稲新品種「きぬむすめ」の大阪府奨励品種への採用

水稲新品種「きぬむすめ」の大阪府奨励品種への採用

【きぬむすめの草姿 (2008/大阪)】

主要農作物種子法の規程により、大阪府では、奨励品種を選定し良食味の地場産米の生産振興を図っています。
「きぬむすめ」は(独)九州沖縄農業研究センターで育成された新品種で、コシヒカリと同等の食味特性を発揮します。2005年から試験用種子の提供を受け、収量性や品質などの評価を行ってきました。府内各地の現地試験で適応性を確認し、2007年4月1日付で奨励品種に指定しました。

2009年から「祭り晴」などに替わり、府内水田面積の約1割(596ha)の水田で栽培が始まりました。2010年の夏期の高温による玄米品質の低下(高温登熟障害)も他品種に比べ少なく今後の普及が期待されます。

ページトップ