図鑑

淡水魚図鑑(外来種)

魚類

タイワンドジョウ

タイワンドジョウ

本種はタイワンドジョウ科タイワンドジョウ属に属す。カムルチーコウタイなどに近縁で、姿形も似る。特にカムルチーとの区別は難しい。本種では 体側に並ぶ斑紋は多くの場合3列で、各斑紋はカムルチーに比べて小さく数が多い (タイワンドジョウとカムルチーの斑紋比較)(※1)。また、背ビレには暗色の2本の縦条があり背ビレおよび尻ビレの 軟条数はカムルチーより少ない。
 自然分布域は福建省以南の中国、ベトナム、台湾島、海南島、フィリピンなど。日本へは1906年に台湾島から大阪府堺市へ移入されたのが最初である。その後、和歌山、兵庫、香川、沖縄などへ分布を広げた。府内では大和川水系や泉州の河川で記録があるが、個体数は多くない。池沼・河川の淀みに生息し、水草の茂ったところに多い。生態や産卵はカムルチーとほぼ同じで、小魚、カエルなどを食べる。鰓腔内に鰓弓が変化した上鰓器官をもち、空気呼吸することができる。

(タイワンドジョウとカムルチーの斑紋比較)

(※1)(タイワンドジョウとカムルチーの斑紋比較)

 

  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ