図鑑

淡水魚図鑑(在来種)

サ行

シマドジョウ

シマドジョウ

シマドジョウ Cobitis biwae はドジョウ科シマドジョウ亜科に属し、本州・四国と九州東部に分 布する日本固有種。川の中流域や水の澄んだ湖・池にすみ、特 に平瀬から淵の砂底を好む。府内では淀川水系、大和川水系、猪名川水系、泉州諸河川など 広い範囲に生息する。体側の斑紋は写真のように点列のものが多いが、直線状の斑紋をもつ個体(※1)もいて、姿形の似たスジシマドジョウとの判別は慣れないと難しい。
砂によく潜り、砂中で越冬する。砂底の砂を取り込み、この中に含まれる底生藻類やその半分解物、小型の水生昆虫等を食べる。産卵期は4月から6月で、砂礫底に生える水生植物の根や茎に、1個ずつバラバラに産着される。本種の雌雄は胸ビレの形(※2)で用意に判別可能で、オスの胸ビレはメス よりも伸び、特に第二鰭条の伸長が著しい。またオスの胸ビレの根元には 骨質板(※3)と呼ばれるふくらみがある。骨質板の形状はシマドジョウでは楕円形の基部とくちばし状の先端部をもち、 スジシマドジョウやドジョウとは異なる。形態や斑紋が よく似たスジシマドジョウとの判別は骨質板の形状の比較がもっとも確かであるが、尾ビレ基部の斑紋なども区別点 となる(→検索図鑑(シマドジョウとスジシマドジョウ)へ)。
卵の直径は約2.1mmで、卵黄は白色で、卵膜は薄くて粘着性がある受精後2~3日でふ化し、ふ化後 2日で、全長5.1mmとなり、外鰓が長くのびる。全長6mmで鰓蓋が大きくなって鰓を覆 う。仔稚魚は浅い砂泥底の場所にすみ、原生動物や藻類などを食う。体長6cm以上で成熟 する。 大阪府レッドリスト(2014)「準絶滅危惧」。

直線状の斑紋をもつ個体

(※1)直線状の斑紋をもつ個体

胸ビレの形

(※2)胸ビレの形

骨質板

(※3)骨質板

 

  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ