図鑑

水辺の昆虫図鑑

トンボ

ウスバキトンボ

ウスバキトンボ

お盆の頃になると急に見かけることが多くなります。名前のとおり、黄褐色の体に薄く大き な翅をもっています。あまりはばたくことなく、広い翅で風をとらえてグライダーのように飛ぶことができ、 長時間・長距離の飛行が可能です。本種は寒さに弱く、日本では冬を越すことができないため、毎年南方から海を越えて春に九州南端や四国南端にたどり着いた個体が、世代交代を繰り返しな がら北上して分布を広げていくと考えられています。しかし冬になるとまた死に絶えてしまいます (ヤゴ(※1)は水温4℃以下で死滅するといわれています)。 成熟するとオスの腹部が赤くなりますが、いわゆるアカトンボ(アカネ属)ではありません。

ヤゴ

(※1)ヤゴ

 

  • 本部・食とみどり技術センター

    本部・食とみどり技術センター

    農林業の振興並びに農空間の保全・都市緑化等の統合的な調査研究を展開するとともに、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価などを行っています。

  • 環境科学センター

    環境科学センター

    大気、河川、海域環境のモニタリング調査・分析、河川への汚染物質の流出時の調査、アスベストの飛散調査等の緊急分析のほか、環境技術の開発支援等を行っています。また、大阪府環境情報プラザを併設しています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 水生生物センター

    水生生物センター

    水辺を中心とした生物多様性、イタセンパラやミズアオイなど希少種の保全、外来種対策、魚の病気などについて調査研究を行っています。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザは、環境情報の提供、環境学習の機会や場の提供等を通じて府民、事業者、環境NPO、行政など各主体の自主的な環境保全・環境活動をサポートする拠点施設です。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

ページトップ