農林分野 安全で豊かな食と農を支える調査研究

[農林][報道]令和元年度短期プロ農家養成コース(集中コース:野菜部門、果樹部門)の受講研修生を募集します

公開日 2019年08月30日

 大阪府立環境農林水産総合研究所農業大学校では、農業を開始しようとする都市住民の方、農業技術を習得しようとする兼業農家の方を対象に、大阪農業の新たな担い手として育成するため、農業大学校が100年以上の学生指導のノウハウを活かし、栽培ほ場での実習、研修を実施します。

 本コースは大阪府「準農家制度」登録要件の「都道府県その他の農業に関する研修教育施設における概ね 3ヶ月以上の研修」にあたります。
 なお、短期プロ農家養成コースは、農業次世代人材投資資金の対象にはなりません。

 

                  記

1. 短期プロ農家養成コース(集中コース)の種類と内容
  • 野菜部門

    果菜類(トマト、きゅうり、なす)

    葉菜類(キャベツ)

    根菜類(だいこん)

    軟弱野菜(こまつな、ほうれんそう)

    なにわの伝統野菜(天王寺かぶ、田辺大根)等の栽培講習及び実習

  • 果樹部門

    ぶどうやみかん等の栽培講習及び実習

2. 開催日時
  • 野菜部門
    開講式 令和元年10月8日(火曜日) 
  • 令和元年10月~令和2年9月(約40回) 原則毎週火曜日
    午前10時~午後4時
  • 果樹部門
    開講式 令和元年12月5日(木曜日) 
    令和元年12月~令和2年11月(約20回) 原則木曜日で月2回程度
    午前10時~午後4時

(注意)
 野菜部門と果樹部門を同時に受講することはできません。
 応募の際、どちらかを第一志望にしてください。
 応募用紙の第二志望の欄は無記入でもかまいません。

 3. 場所

地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所 農業大学校
(羽曳野市尺度442)

4. 対象

令和元年10月1日現在、年齢が68歳以下の方で、研修終了後、本府において農業(家庭菜園は除く)に従事する見込みのある方(農地所有の有無は問いません)

5. 募集人員
  • 野菜部門 10名
  • 果樹部門  8名 
6. 受講料
  • 野菜部門 20,000円
  • 果樹部門 10,000円

※受講料は全額前納とし、納入後は返金しません。受講料には資料代、実習教材費が含まれます。この他、交通費、保険代等研修にかかる実費は受講生の負担になります。

7. 申込方法

所定の受講申込書に必要事項を記入の上、郵送(82切手を貼付した返信用封筒を同封)、またはFAXもしくはメール(申込書をファイルで添付)にて、農業大学校まで申し込んでください。
なお、受講申込書は、以下の〈受講申込書〉からダウンロードできます。

 ※なお、FAXで申し込み頂いた方は、念のため電話で申し込みの確認をお願いします。

 

〈受講申込書〉

申込用紙[DOC:39KB]

申込用紙(記入例)[DOC:45.5KB]

 

〈申込先〉

〒583-0862 羽曳野市尺度442 
地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所農業大学校 あて
 電話 072-979-7032
 FAX 072-979-7077
 メール nodai@mbox.kannousuiken-osaka.or.jp(@の部分は、半角の@に差し替えてください。)

8. 募集期間

令和元年9月2日(月曜日)~9月20日(金曜日)必着

9. 選考について

申し込みが定員を超えた場合には、受講申込書の内容により選考を行います。

選考結果は、9月27日(金)を目処に全申込者へ通知します。 

申し込み方法と同じ方法(FAXにはFAXで、メールにはメール)で通知します。

10月1日(火)を過ぎても通知が無い場合は、農業大学校へご連絡ください。

 

10. 修了証の交付について

講義、実習日数の2/3以上の出席をもって修了とし、修了証書を交付します。

 

添付資料

 ・募集案内[PDF:159KB]

関連リンク

農業大学校のホームページ

■お問い合わせはこちら

農業大学校

担当:辻野、谷

[TEL]072-979-7032 (平日午前9時から午後5時30分)

[FAX]072-979-7077

ページトップ