環境分野 快適な環境や生物多様性の保安全を支える調査研究

[環境][報道]生物多様性センター企画展「大阪のケモノと私たちの暮らし」・談話会「ヒトとケモノの関わり」を開催します!

公開日 2019年01月16日

 2019年の干支であるイノシシをはじめとして、シカやキツネ、タヌキなど、大都会大阪にも、実はたくさんのケモノ(中・大型哺乳類)が暮らしています。

 生物多様性センターでは、大阪にすむケモノたちと私たちの暮らしとのつながりをテーマとした企画展を開催します。

また、2月16日(土)13時から、企画展にちなみ、人とケモノたちとの関わりを題材とした談話会「ヒトとケモノの関わり」を開催します。

 

生駒山地で撮影されたイノシシ

生駒山地で撮影されたイノシシ(センサーカメラを使用した調査結果より)

 

概要

 

企画展「大阪のケモノと私たちの暮らし」(入場無料)

〇展示期間

2019年1月7日(月)~3月15日(金)

 

〇展示場所

 大阪府立環境農林水産総合研究所 生物多様性センター 本館内企画展示エリア

(寝屋川市木屋元町10-4)

 

〇展示内容

▼2019年の干支、イノシシの剥製がお出迎え

▼生物多様性センターで取り組む調査研究紹介

▼大阪にすむケモノたちの動画上映

 

談話会「ヒトとケモノの関わり」(参加無料)

〇開催日時

2019年2月16日(土)13時~15時

 

〇開催場所

大阪府立環境農林水産総合研究所 生物多様性センター 本館内研修室

(寝屋川市木屋元町10-4)

 

〇話題提供

東城 義則氏(国立民族学博物館 外来研究員)

幸田 良介(大阪府立環境農林水産総合研究所 生物多様性センター 研究員)

 

〇参加申込

平成31年2月10日(日)必着 ※定員50名(先着順)になり次第締切

▼申込方法

①WEB:申し込みフォームはこちら 参加申込み 締め切りました

②FAX:チラシの申込フォームに必要事項をご記入の上、申込先までお送りください

談話会「ヒトとケモノの関わり」チラシ[PDF:857KB]

 

添付資料

プレスリリース版[PDF:174KB]

■お問い合わせはこちら

生物多様性センター (環境研究部 自然環境グループ)

担当:近藤・幸田・小田

[TEL]072-833-2770

[FAX]072-831-0229

ページトップ