環境分野 快適な環境や生物多様性の保安全を支える調査研究

[環境][報道]連携環境セミナー「大阪の昆虫を考える」を開催します

公開日 2013年01月30日

 大阪府立環境農林水産総合研究所と大阪市立環境科学研究所では、毎年連携して、環境に関するセミナーを開催しています。

 今回のテーマは「昆虫」。葉をパラシュートのように利用する蛾の幼虫の話や飛ばないテントウムシが農業の現場で利用されている話、海外だけでなく日本でも あったバッタの大発生の話など、昆虫に関するあっと驚く話やユニークな生態などを研究員がわかりやすく説明します。

  地球上でもっとも多くの種類数(80万種)が知られる昆虫。自然の中での役割や人間による昆虫の利用など、人間と昆虫との賢いつきあい方を今回のセミナーで考えます。皆様のご参加をお待ちしております。

1.とき

平成25年3月13日(水曜日)14時から16時30分(受付開始:13時30分)

2.ところ

地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所 環境科学センター1階 環境情報プラザ研修室
大阪市東成区中道1丁目3-62(添付のチラシ地図参照)
*JR環状線・地下鉄中央線・鶴見緑地線「森ノ宮」駅下車 徒歩5分

3.定員

60名(お申込み先着順)

4.参加費

無料

5.内容

◆講演◆
(1)身近な昆虫と植物の関係
  大阪市立環境科学研究所 調査研究課 山﨑一夫

(2)農業における昆虫利用~飛ばないテントウムシなどを例に~
  大阪府立環境農林水産総合研究所 食の安全研究部 柴尾 学

(3)身近な昆虫が害虫に~関西空港におけるトノサマバッタの大発生~
  大阪府立環境農林水産総合研究所 食の安全研究部 田中 寛

◆総合討議◆
  テーマ:虫とのつきあい方を考える

6.申込方法

ファックスにてお申込みください。
○記載事項
 ・参加者氏名
 ・電話番号、ファックス番号、メールアドレスなど必ず連絡のつく連絡先
 ・企業・団体等所属先がある場合はその名称
○申込先
 地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
 経営企画部 普及広報課 「連携セミナー」係
 ファックス:072-956-9790

※定員を超えましたので、参加お申込み受付を終了いたしました。たくさんのお申込みありがとうございました。

7.申込み期間

平成25年2月1日(金曜日)~お申込み先着順

8.問合せ先

○大阪府立環境農林水産総合研究所 経営企画部 普及広報課
  電話:072-979-7070
○大阪市立環境科学研究所 調査研究課 企画グループ
  電話:06-6771-3043

添付資料

■お問い合わせはこちら

経営企画部 普及広報課

担当:馬場、小野本

[TEL]072-979-7070

[FAX]072-956-9790

ページトップ