図鑑

淡水魚図鑑(外来種)

魚類

タイリクバラタナゴ

タイリクバラタナゴ

本種はコイ科タナゴ亜科に属し、原産地はアジア大陸東部および台湾島。日本在来の ニッポンバラタナゴとは亜種関係にある( ニッポンバラタナゴとタイリクバラタナゴの見分け方)。 1942年にソウギョ、ハクレンなどの種苗に混じって日本に持ち込まれ、その後本州各地に分布を広げた。 府内でも淀川水系、大和川水系などをはじめ府内の河川・池沼に広く分布する。河川や水路では流れの緩い場所に生息しており、稚魚期は主にワムシなどの動物性プランクトンを食べ、成長にともなって底層に移動して主に付着藻類や小さな水生動物を食べる。
 産卵期は3~9月で、オスがイシガイ科二枚貝を中心になわばりをつくり、メスはなわばりの貝の 出水管に1回で数個の卵を産む。メスの産卵管(※1)は長い。根元付近が赤くなるのはニッポンバラタナゴと本種の特徴である。 卵(※2)は電球形で、受精後30時間でふ化するが、その後も20日程度は貝の中に留まる。 前期仔魚(※3)には、貝の体内から排出されにくいように卵黄突起と呼ばれる翼状の突起があるが、これは本種の属するバラタナゴ属の特徴である。 本亜種は、ニッポンバラタナゴと容易に交雑するため、本種の生息域拡大につれて交雑種が増加して、純粋なニッポンバラタナゴが減少した。生態系被害防止外来種リストにおいて、「重点対策外来種」に指定されており、飼養に当たり野外への遺棄を起こすことがないよう留意することが必要である。

メスの産卵管

(※1)メスの産卵管

卵

(※2)

前期仔魚

(※3)前期仔魚

 

  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ