図鑑

淡水魚図鑑(在来種)

ナ行

ニゴイ(コウライニゴイ)

ニゴイ(コウライニゴイ)

従来、日本のニゴイ類はズナガニゴイとニゴイの2種とされていたが、 ニゴイにはHemibarbus barbus とコウライニゴイHemibarbus labeoの2種が含まれ、分布域が異なることが近年 報告されている。府内の水域はコウライニゴイの分布域となっているが、淀川につながる琵琶湖では両種が生息す るので府内にも両種が生息する可能性がある。 湖や河川の中下流域から塩分の混じる汽水域まで広く生息し、流れの緩 やかな水底、特に砂底に多い。 キツネのように尖った口で砂を掘って、ユスリカなどの小 動物を食べたり、付着藻類をこそぎ取って食べる。 産卵期は4月~7月で、降雨の後、川 の中流域で産卵する。卵は直径約3㎜の沈性粘着卵で、3~4日でふ化する。 ふ化仔魚は 全長8.0㎜で、ふ化後5日で卵黄を吸収し、摂餌を開始する。1年で8~12㎝、2年で16~22㎝、 3年で20~30㎝に達し、成魚となる。釣りの対象魚で、肉質が良く、 あらい、天ぷらなど食用となるが、小骨が多く食べづらい。塩分に強く、汚濁や富栄養化などの水質 悪化にも強い魚である。

 

  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ