図鑑

淡水魚図鑑(在来種)

その他(府内には生息しない魚種)

ホトケドジョウ

ホトケドジョウ

本種はドジョウ科に属し、ナガレホトケドジョウやエゾホトケドジョウに近縁。ヒゲは4対で、上唇の3対のうち1対は鼻孔より発達したもの。ナガレホトケドジョウとは酷似し、過去には同一種として扱われていた(現在もナガレホトケドジョウに学名はついていない)。ナガレホトケドジョウとの区別点は、本種は吻部に暗色斜帯をもたない(※1)こと、背ビレと尾ビレに暗色斑点が明瞭(※2)であることとされるが、個体差や地域差がある。他のドジョウ類よりも体が太短く、中層を遊泳することが多いなどドジョウのイメージからはややはずれる。研究者によっては、ホトケドジョウ類をドジョウ科とは異なるタニノボリ科に含めることもある。青森県を除く東北地方以南、太平洋側では三重県まで、日本海側では京都府、兵庫県の一部まで分布する。大阪府内でもホトケドジョウの記載はあるが、ナガレホトケドジョウをさしているものと考えられる。
 水が澄んだ流れの緩やかな細流の砂泥底に生息し、水草の間や石の下に多い。低水温を好むため、生息地には湧水が存在する場合も多い。底生性の小動物を主に食べる。産卵期は3月から6月。2~3個体のオスが1個体のメスを追尾して、水草や枯れ草などに卵をうみつけるところに放精する。本種は環境省レッドリスト2020では「絶滅危惧ⅠB類」に指定されている。

吻部に暗色斜帯をもたない

(※1)吻部に暗色斜帯をもたない

背ビレと尾ビレに暗色斑点が明瞭

(※2)背ビレと尾ビレに暗色斑点が明瞭

 

  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ