図鑑

淡水魚図鑑(在来種)

カ行

カワムツ

カワムツ

カワムツ Candidia temminckii はコイ科ダニオ亜科の魚で、能登半島と天竜川以西の河川と湖沼に 生息する。府内では淀川水系、猪名川水系、大和川水系、泉州諸河川などに広く分布し、 河川中~上流部でもっとも出会う機会の多い魚種である。同属でやはり河川で見かける ことの多いオイカワと比べると、本種はより上流部に分布し、 自然環境が残った河川に多い。近縁種ヌマムツと形態が似ているが、 鱗の細かさや尻ビレ軟条数、胸ビレ・腹ビレの色、顔つきなどから判別は可能である( カワムツとヌマムツの区別点)。 柳の下や淵など水面近くに群れをなして住み、流下昆虫や岸辺の木などからの落下昆虫など を食べる。コンクリート護岸の造成や河床の平坦化など河川改修により、生息場所が年々減少している。 1年で2~7㎝、2年で7~13㎝、3年で11~16㎝に成長する。普通は2年で成熟するが、早いものは1年で成熟する。 産卵期は5月中旬~8月下旬までと長く、雌雄一対で昼間に産卵行動を行い、流れのゆる い淵の周辺の浅瀬や平瀬の砂礫内に産み込む。雄の婚姻色は明瞭で、頭部下面、腹面は朱 色ないし暗赤色となり、背鰭、腹鰭の前縁も鮮やかな橙色となる。

 

  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ