図鑑

大阪府の外来生物

甲殻類(エビ・カニの仲間)

アメリカザリガニ

アメリカザリガニ

<外来種>
 本種はアメリカザリガニ科に属し、原産地はミシシッピ川流域を中心とした北米。
 本邦への移入は1927年、ウシガエルの餌として持ち込まれたのが最初である。 ウシガエルの養殖池から逸出した個体が各地で定着し、1960年頃には九州まで分布域を広げた。水田、用水路、池沼など、 水深が浅くて流れのゆるい泥底の環境に多く生息する。 土に穴を掘り、夜になると餌を探す。冬は穴で冬眠する。食性は雑食性で、藻類、水草、魚類、両生類、昆虫、動物の死骸など何でも食べる。
 繁殖期は夏で、メスは直径2mmほどの卵を数百個産み、腹脚に抱えて保護する。子どもは孵化後もしばらくはメスの腹脚に つかまって過ごし、体内に蓄えた卵黄で成長する。体長8mmほどになると親から離れる。本種は水田の畦に穴を開け、イネの根を食い荒らすとして嫌われる。また、本種が侵入し繁殖した水域では水草や小動物が食害を受ける。生態系被害防止外来種リストにより、「緊急対策外来種」に指定されている。
 また、府内には生息しないが、滋賀県にはアメリカザリガニ同様にアメリカ原産のザリガニであるタンカイザリガニ(※1)が定着している。

タンカイザリガニ

(※1)タンカイザリガニ

 

  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ