図鑑

水辺の昆虫図鑑

トンボ

アオモンイトトンボ

アオモンイトトンボ

水生生物センターでもっとも個体数の多いトンボです。オスの腹部第8、9節が鮮やかな空色をしていることが名前の由来となっています。センター内には近縁種で非常によく似たアジアイトトンボも生息していますが、アジアイトトンボはアオモンイトトンボに比べてやや小さく(※1)、 オスの腹部の空色部分(※2)が9、10節であることで見分けることができます。
アオモンイトトンボのメスの体色には、 オスと同じ色をした同色型と褐色をした異色型の2つのタイプ(※3)があり(上記の写真は異色型メス)、未成熟の異色型のメス個体(※4)は鮮やかな朱色をしていてとてもきれいです。
トンボのオスは交尾に際して、精子をいったん腹部第2、3節の副性器 (※5)(写真下のメスが腹部の先をあてがっている場所)に貯めておいて交尾するため、交尾の時は写真のような形となります。
ちょうどハート形にみえるのが面白いですね。

やや小さく

(※1)やや小さく

オスの腹部の空色部分

(※2)オスの腹部の空色部分

2つのタイプと未成熟の個体

(※3)2つのタイプ                      (※4)未成熟の個体

副性器

(※5)副性器

 

  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ