図鑑
 

メダカとカダヤシ

メダカとカダヤシ

メダカとカダヤシ

 メダカとカダヤシは姿形は似ているが、メダカはサンマやトビウオと同じダツ目、カダヤシはグッピーなどとともにカダヤシ目に属し、類縁関係は比較的遠い。
 もっとも大きな違いは、メダカが卵生で卵を産むのに対して、カダヤシは卵胎生で体内で卵をふ化させるため、子どもを産む。そのため、カダヤシではオスがメスの体内に精子を送り込む必要があり、オスの尻ビレは変形して交接脚(ゴノポディウム)と呼ばれる器官となっている。この交接脚をメスの腹部に挿入して交尾する。
 尻ビレの形状は、メダカとカダヤシのよい区別点となり、メダカでは尻ビレが体に沿って長く、特にオスで発達しているのに対して、カダヤシでは体と接する部分は比較的少ない。また、尾ビレはカダヤシでは後縁が丸くなっているのに対して、メダカでは直線的である。さらに、メダカでは眼の上半分が青色を帯びるが、カダヤシはそうならない。

→メダカのページへ 

→カダヤシのページへ  

 

子供の生み方

尻びれの比較

尻ビレの比較

 

眼と尾ビレの比較

眼と尾ビレの比較

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ