環境農林水産研究所 注目情報

環境農林水産研究所WEBサイト内の更新情報や更新情報から注目情報をビックアップしてご紹介しております。

注目情報

  • [環境]企画展「田んぼの生きものたち」を開催します!

    ホウネンエビ
    生物多様性センターにて、7月11日(水)~7月27日(金)の間、田んぼに集う生きものたちを紹介する企画展「田んぼの生きものたち」を開催します。また、7月25日(水)は職員による田んぼの生きもの説明会を開催します。詳しくはこちらをご覧ください。

    2018年07月12日14時30分

  • [環境]イタセンパラの稚魚が泳ぎだしました!

    イタセンパラ
    イタセンパラは限られた流域にしか生息しておらず、天然記念物に指定されています。また、府内では淀川のワンドに生息し、その可憐な姿などから“淀川のシンボルフィッシュ”と呼ばれています。みなさまにご覧いただけるよう、現在生物多様性センターにて展示しております。

    2018年06月01日11時55分

  • [農林]幻の大阪オリジナルぶどう、目覚める!

    ポンタ
    40年前、当研究所で生まれたオリジナルぶどうが、新品種 ‘ポンタ’として品種登録されました。この果実「ポンタシードレス」は赤から黄色のグラデーションが美しく、芳醇な香りと濃厚な甘みが特長の美味しいぶどうです。

    2018年05月24日14時53分

  • [農林]ぶどう・ワインラボ 稼働

    ぶどう・ワインラボ
    かつて大阪は日本有数のぶどうの産地であり、ワイン造りも100年以上の歴史があります。 都市化が進み農地も減ってきましたが、まだぶどう生産量は全国7位、府内に6軒のワイナリーがあって特色あるワインを生産されています。

    2018年04月24日14時30分

  • [環境]「生物多様性センター」オープン!

    生物多様性センターオープン
    大阪府立環境農林水産総合研究所 水生生物センターの本館建替え工事が完了し、新館が完成しました!これを機に、森林や水辺の生物分野の研究を主に行っていた2つの部門を集約し、名称を「生物多様性センター」と改めました。

    2018年04月05日17時30分

  • [水産]淀川下流部のシジミにもご注意下さい

    002
    大阪府海域のアサリ等の二枚貝に続き、淀川下流部のシジミでも規制値を超える貝毒が確認されました。検査は毎週行われています。安全が確認されるまで天然のアサリやシジミを採って食べないようご注意下さい。

    2018年03月20日14時30分

  • [水産]貝毒にご注意下さい!

    貝
    大阪府海域では現在、有毒プランクトンが増殖しており、これを食べたアサリやシジミなどの二枚貝が毒化する貝毒が発生しています。毒化した貝を食べると、しびれやふらつき、重症の場合死にいたる可能性もありますので、安全性が確認されるまで大阪府海域の二枚貝を採取して食べないでください。

    2018年03月08日15時20分

  • [水産]イカナゴのくぎ煮はお好きですか?

    イカナゴ
    大阪湾の早春の風物詩、イカナゴ漁が近づいてきました。今冬は厳しい寒さが続いてますが、イカナゴは昨年の同じ時期に比べ大きく成育しており、今年は2月26日(月)に解禁となりました。

    2018年02月22日15時00分

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ