環境農林水産研究所 注目情報

環境農林水産研究所WEBサイト内の更新情報や更新情報から注目情報をビックアップしてご紹介しております。

注目情報

  • [水産]秋シラスの季節を迎えました

    秋シラス
    夏から秋にかけて大阪湾で生まれ育ったシラスは、9月頃から12月頃まで漁獲され、秋シラスとして市場に出回ります。 大阪湾のシラスは、ほとんどがカタクチイワシの仔魚です。動植物プランクトンが比較的豊富な大阪湾のシラスは味が濃く、美味しいといわれています。ぜひ、秋シラスをご賞味下さい。

    2018年10月10日12時00分

  • [総合]緑化展示園のご利用を再開します

    緑化展示園
    当研究所(羽曳野市)の緑化展示園ですが、去る台風21号の暴風雨で被害を受け、閉鎖していました。この度、倒木等の片づけが終わりましたので、9月25日から散策等でご利用いただけます。敷地内にはまだ枝が折れているなど危険な箇所が残っていますので、立入禁止区域等には入らないようお願いします。 ※この度の台風で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

    2018年09月25日17時00分

  • [農林]ぶどう・ワインラボで初の醸造、真最中です!

    ぶどう・ワインラボで初の醸造
     本年3月に稼働したこのラボは、西日本初の公設のぶどうやワイン専門の研究拠点です。 大阪の主力ぶどうであるデラウェアを原料に、新たな特徴を持つ大阪産ワインを目指し、初の醸造試験に奮闘中です。

    2018年08月24日09時30分

  • [農林]「なにわの伝統野菜」をご存知ですか?

    玉造黒門越瓜(たまつくりくろもんしらうり)
    「なにわの伝統野菜」は、概ね100年前から大阪府内で栽培されてきた大阪独自の品目・品種の野菜です。 研究所では、なにわの伝統野菜の発掘と復活の取り組みを行っています。

    2018年07月24日11時30分

  • [環境]企画展「田んぼの生きものたち」を開催します!

    ホウネンエビ
    生物多様性センターにて、7月11日(水)~7月27日(金)の間、田んぼに集う生きものたちを紹介する企画展「田んぼの生きものたち」を開催します。また、7月25日(水)は職員による田んぼの生きもの説明会を開催します。詳しくはこちらをご覧ください。

    2018年07月12日14時30分

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ