水産分野 大阪湾の環境保全と資源管理を支える調査研究

[水産][お知らせ]8月1日に『夏休みこども体験「海の教室」』を開催しました

公開日 2019年08月20日

 去る令和元年8月1日(木)、当研究所水産技術センターにおいて『夏休みこども体験「海の教室」』を開催いたしました。

 当日は各コースの午前・午後あわせて60名の小中学生にご参加いただきました。ありがとうございました!

 

  •  「海洋観測体験コース」では調査船「おおさか」に乗船し、調査地点に移動した後、大阪湾の水の色の観察や透明度板を用いて透明度調査を行いました。

乗船

調査船「おおさか」に乗船

水の色の観察

大阪湾の水の色の観察

透明度調査

透明度板を用いた透明度調査

 

 

 また、専用のネットを使ってプランクトンを採集し、研修室に戻った後、顕微鏡による観察等を行いました。

プランクトンの採集

プランクトンの観察

プランクトンの採集と観察

 

 

  • 「栽培漁業体験コース」では研究員から栽培漁業について説明を受けたあと、ヒラメやキジハタ(アコウ)の稚魚(ちぎょ)の観察や、エサとなるプランクトンの観察を行いました。

エサの観察

顕微鏡で稚魚やエサを観察

 

 その後、ヒラメの稚魚を飼育する水槽に移動し、エサやり体験を行いました。他にも、ヒラメの稚魚の放流体験や、タッチングプールで大阪湾に棲む魚やヒトデに触れ合いました。

エサやり

ヒラメにエサやり

ヒラメ稚魚放流

ヒラメの稚魚の放流

タッチングプール

タッチングプール

 

 イベントに参加した子どもたちはわからないことは研究員へ質問する等、興味津々の様子で大阪湾の環境やそこで生活する生き物について学んでいました。

 

 また、アンケートでは「同じ海でも気候や場所によって棲んでいる生物がちがったり、海の色も少しずつ変わったりして、変化があるんだなぁ。と思いました。」

世の中にはこんなに小さい生き物がいると知られてよかったです。」といった感想が寄せられました。

 

 次年度の夏休みこども体験イベントについては研究所ホームページ等でご案内いたします。環農水研メルマガでも発信いたしますので、ぜひご登録ください。

 

関連リンク

  • 令和元年8月1日(木)に「夏休みこども体験『海の教室』」を開催します!(開催しました)

http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/suisan/info/doc/2019062100014/

 

  • 過去のイベントの様子

http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/suisan/event_detail/uminohi/index.html

 

お問い合わせはこちら

企画部 企画グループ

担当:「海の教室」係

[TEL]072-979-7070

[FAX]072-956-9790

ページトップ