お知らせ
・新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、施設見学等についてマスク着用などのご協力お願いいたします。詳細はこちらをご覧ください。

 

[総合][お知らせ] 施設見学・視察受入の再開について

公開日 2020年05月28日

日頃より、大阪府立環境農林水産総合研究所のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため一時休止しておりました施設見学・視察受入について、2020年6月1日(月曜日)から段階的に再開しております。

 
屋内見学エリアなど、施設内へ入館される方については、以下のときは入館をご遠慮ください。

  • マスクを着用していないとき
  • 37.5℃以上の発熱があるとき(受付にて検温できます。また、検温をお願いする場合があります。)
  • 咳やのどの痛みなど、体調不良の症状があるとき
  • 新型コロナウイルス感染症陽性とされ、療養解除されていないとき
  • 過去2週間以内に、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触があったとき、または、政府から入国制限・入国後の観察期間が必要とされている国・地域などへの渡航、当該在住者との濃厚接触があったとき

  

皆様には大変なご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の上、ご協力くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

個人での自由見学

大阪府立環境農林水産総合研究所(羽曳野市)内
見学可※1 緑化展示園など(屋外)
水産技術センター(岬町)内
見学可※2   本館1階・展示コーナー
生物多様性センター(寝屋川市)内
見学可※1 ビオトープ池など(屋外)
見学可※2 本館1階・常設展示エリア
見学可※3

本館1階常設展示エリア本館1階常設展示エリア本館1階・企画展示エリア

※1 所内見学エリア(屋外)については、従来どおり個人での見学は可能です。

※2 2020年6月1日(月曜日)より、施設見学を再開しております。

※3 2020年7月13日(月曜日)より、施設見学を再開いたします。

団体での見学・視察

団体での屋内施設の見学・視察については、感染予防の観点から受入人数等について事前調整をお願いいたします。

必ず事前に、本ページ下部の「問い合わせ先」にご連絡ください。

各施設については詳しくは

研究所(羽曳野市)

水産技術センター(岬町)

生物多様性センター(寝屋川市)

関連リンク

■お問い合わせはこちら

大阪府立環境農林水産総合研究所

[TEL]072-958-6551(代表)

[FAX]072-956-9691

水産技術センター

[TEL]072-495-5252(代表)

[FAX]072-495-5600

生物多様性センター

[TEL]072-833-2770(代表)

[FAX]072-831-0229

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    食品に関する技術支援制度

    食品の加工・保存・流通に関する技術相談や研究開発、試作を支援しています。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ