[総合][お知らせ]環農水研シンポジウム2018「おびやかされる私たち ●●にねらわれている!ナニワの危機を生物多様性が救う?!」を開催しました

公開日 2018年11月20日

平成30年11月8日(木曜日)、大阪歴史博物館にて、「環農水研シンポジウム2018」を開催しました。

当日は193名の皆さまにご参加いただきました。ありがとうございました!

リーフレット画像

 

開会のごあいさつでは、理事長の内山より、環農水研で生物多様性センターを今年度設置したことを踏まえ「生物多様性」をテーマとして今回のシンポジウムを開催したこと、皆様に生物多様性の大切さを感じていただけるきっかけとなればと願っていることなどをお話させていただきました。

理事長ごあいさつ

 

基調講演では、大阪府立大学・石井副学長より、外来生物などの『いま私たちをおびやがしている「ナニワの危機」』を、分かりやすくお話いただきました。

基調講演

 

話題提供では、先進的に取り組まれている千葉県と長野県から、各県での施策や活動事例などをご紹介いただきました。

また、今年4月に陸域・水域の研究部門を統合して設置した環農水研生物多様性センターの取り組みをお話いたしました。

千葉県からの話題提供

長野県からの話題提供

環農水研からの話題提供

 

環境省と大阪府より最新の施策などについてご紹介いただいた後、石井副学長をコーディネーターとしてパネルディスカッションを行いました。

来場の皆様から頂戴したご質問にお答えしながら、ナニワの生物多様性を豊かに育むための課題について考えました。また、その中で環農水研生物多様性センターが果たすべき役割についても議論し、様々なご意見をいただきました。

環境省からの施策紹介

大阪府からの施策紹介

パネルディスカッション

 

会場の外では、環農水研の調査研究についての最新情報をポスターでご紹介しました。

ポスター展示

ポスター展示

 

私たち環農水研は、研究知見に基づいた生物多様性の把握・評価・活用を通じ、皆様とともに、生物多様性に取り組むトップランナー大阪を目指します!

■お問い合わせはこちら

企画部 企画グループ

担当:中嶋・福田

[TEL]072-979-7070

[FAX]072-956-9691

 

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ