[総合]「ぶどう・ワインラボ」オープニング記念 『「大阪ぶどう」地域活性化サミット』を開催しました。

公開日 2018年05月14日

 5月10日(木)に「ぶどう・ワインラボ」オープニング記念『「大阪ぶどう」地域活性化サミット』を開催しました!

 

 当日は、大阪府内や全国から130名のぶどう、ワインに関わる様々な方に多数ご参加頂きました。

サミットでは、式典と独立行政法人酒類総合研究所後藤奈美理事長に「大阪のぶどうで大阪のワインを -大阪ぶどう・ワインラボへの期待-」と題した基調講演を頂き、新設したラボやほ場の見学ツアー行いました。

 

 記念式典では、大阪府副知事を始め、ぶどう産地6市町の羽曳野市長、柏原市長、太子町長、大阪狭山市長、交野市長、河内長野市長、JA大阪中央会会長、大阪府果樹振興会会長、大阪ワイナリー協会会長とともに当所理事長が、今後関係団体等が一体となって、ぶどうを核とした魅力ある地域づくりを推進していこうと、熱意のこもった決意表明と共同宣言を樹立しました。

 また、サミット会場では、趣旨に賛同して頂いた大阪ワイナリー協会主催の試飲会も開催され、参加された方には、ワイナリー協会加盟の6社の自慢の大阪ワインを楽しんでいただきました。

 

決意表明・共同宣言の様子

 

 見学ツアーでは、西日本初となる公設のぶどうとワインの専門研究施設「ぶどう・ワインラボ」として、多数注目を頂き、マスコミ各社の取材や、ご来場の皆様から多くの質問を受けるなど、当研究所のぶどうやワインの試験研究の取組について、関心を深めて頂ける貴重な機会となりました。

 

見学ツアーの様子

関連リンク

「ぶどう・ワインラボ」オープニング記念 『「大阪ぶどう」地域活性化サミット』を開催します!

http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/portal_info/doc/2018042400014/preview/2343/

 

■お問い合わせはこちら

企画部 企画グループ

担当:中嶋・池永・福田

[TEL]072-979-7070

[FAX]072-956-9691

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ