農林分野 安全で豊かな食と農を支える調査研究

[農林][報道]講演会を開催!植物由来の新しい燃料「バイオコークス」の普及と用途拡大

公開日 2013年09月27日

 当研究所では、バイオコークスの開発者である近畿大学理工学部機械工学科准教授の井田民男氏を講師にお招きし、バイオコークスの普及と用途拡大について下記のとおり講演会を開催いたします。

 

 バイオコークスとは、樹木や竹、食品製造副産物などの植物性廃棄物をリサイクルして作られた固形燃料のことで、高温で長時間燃焼することができ、炉などで使う石炭コークスの代替燃料として注目されています。

 

 当研究所では、府内で発生する竹や間伐材などの木質系バイオマス資源を原料としたバイオコークスの製造を研究し、その産業的利用の促進に取り組んでいます。新しい燃料の可能性について情報を得る貴重な機会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

 

  竹を原料としたバイオコークス   炉の中で高温で燃焼するバイオコークス

  竹を原料としたバイオコークス   炉の中で高温で燃焼するバイオコークス

1 日時

平成25年10月7日(月) 13時30分から15時00分まで

2 場所

地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
本部・食とみどり技術センター 2F講堂
(羽曳野市尺度442)

3 主催

地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所

4 定員

50名(参加費無料)

5 申込方法

以下のURLからお申込みいただけます。
http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/ssl/131007/27/

チラシ裏面の申込用紙を用いて、FAXでお申込みいただくこともできます。

6 お問い合わせ先

地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所 環境研究部 資源循環グループ
TEL:072-979-7061 FAX:072-956-9691

添付資料

■お問い合わせはこちら

環境研究部 資源循環グループ「バイオコークス係」

担当:笠井

[TEL]072-979-7061

[FAX]072-956-9691

ページトップ