農林分野 安全で豊かな食と農を支える調査研究

害虫の薬剤感受性検定法の開発-アザミウマ、オオタバコガなど

害虫の薬剤感受性検定法の開発-アザミウマ、オオタバコガなど

【ソラマメ催芽種子浸漬法】

近年、ミナミキイロアザミウマ、ミカンキイロアザミウマ、オオタバコガなど殺虫剤に対して高度に抵抗性を発達させた害虫の発生が問題となっています。薬剤抵抗性害虫が発生した場合、薬剤の殺虫効果を迅速に検定し、有効薬剤を探索して散布する必要があります。

そこで、アザミウマに対してはソラマメ催芽種子浸漬法またはソラマメ葉片浸漬法、オオタバコガおよびハスモンヨトウに対しては人工飼料浸漬法による薬剤感受性検定法を開発しました。これらの方法を用いることにより、現場で発生している害虫の薬剤殺虫効果を迅速かつ簡便に調査することができるようになりました。

 

ページトップ