農林分野 安全で豊かな食と農を支える調査研究

マイクロプレート法によるすすかび病菌の薬剤感受性検定法の開発

マイクロプレート法によるすすかび病菌の薬剤感受性検定法の開発

【マイクロプレート法による薬剤感受性検定法】

なすすすかび病菌は培地上での生育が極めて遅く、従来の薬剤含有培地上では薬剤感受性低下の程度を把握することは困難でした。

そこで、マイクロプレートを用いて病原菌胞子に所定濃度の農薬を混合し、胞子発芽の程度により、薬剤感受性を把握する手法を開発しました。これにより、薬剤感受性モニタリングの迅速・簡易化が図られました。

ページトップ