農林分野 安全で豊かな食と農を支える調査研究

黄色蛍光灯による害虫防除技術の開発-青ジソのハスモンヨトウなど

黄色蛍光灯による害虫防除技術の開発-青ジソのハスモンヨトウなど

【青ジソほ場に設置した黄色蛍光灯】

大阪府で周年栽培の技術が確立された青ジソ栽培で、ハスモンヨトウに対して、黄色蛍光灯をひと晩中点灯することによる防除効果を明らかにしました。

ハスモンヨトウは夜に交尾、産卵が行われるため、黄色蛍光灯の終夜点灯によりそれらの行動が妨げられます。この方法はナシやモモの果実の汁を吸う吸蛾類の対策に長年使われていましたが、野菜の害虫に対して用いられたのはこれが初めてです。

この方法はその後ナス、キクをはじめ、さまざまな野菜、花き類の夜行性害虫に対して実用化されるようになりました。

ページトップ