お知らせ
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため研究所主催イベント等中止しております。詳細はこちらをご覧ください。

農林分野 安全で豊かな食と農を支える調査研究

研究成果等を生かした授業で担い手づくり

研究成果等を生かした授業で担い手づくり

研究成果等を生かした授業で担い手づくり

農業大学校では、研究所に併設した特長を生かし、講師陣には研究員や研究員OB、府内で農業技術指導に携わってきた普及指導員を据え、当研究所の研究成果及び知見を活用した講義や普及指導員が現場で積み重ねてきた経験や情報に基づく講義などを行い、『養成科』や『短期プロ農家養成コース』を設け、大阪農業の担い手を輩出しています。

<養成科>

2学年制。試験研究部門の最新の研究成果を講義や専攻実習。卒業後は、新規就農をはじめ、農業法人や農の匠(※)での就農、農協や青果物市場等への就職など、農業に関連する幅広い分野で活躍しています。

※農の匠:大阪府が認定した農家。優れた農業経営を行うとともに農業後継者の育成に熱心で、地域農業のリーダーとなっています。

<短期プロ農家養成コース>

兼業農家で定年退職後等に農業技術習得を目指す者や都市住民で農業を開始しようとする者を対象に、1年間の集中コース(野菜部門・果樹部門)と短期の入門コースを開催しています。

ページトップ