農林分野 安全で豊かな食と農を支える調査研究

ナメクジの発生生態解明と防除技術開発

ナメクジの発生生態解明と防除技術開発

【マリーゴールドを加害するチャコウラナメクジ】

ナメクジは野菜、花、果樹などのやっかいな害虫ですが、ふだんは人目につかないところにいて生態が明らかでなく、農薬やさまざまな資材による防除効果も的確に評価されていませんでした。

そこで、池の魚の生息個体数の推定などに使われる除去法※を応用してナメクジの生息個体数の推定に成功し、併せて農薬、ビール、銅、塩、各種資材などの防除効果の試験法と効果的な処理法を確立しました。そして、防除効果が最も確実で、かつ費用が安いのは農薬ということも実証しました。
これらの発生生態研究と防除技術開発の成果はすでに広く利用されており、今後のナメクジ対策の基本になると考えられます。

※個体群から複数回の採集(除去)によって除去された個体数から、全体の個体数を推定する手法。

ページトップ