お知らせ
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため研究所主催イベント等中止しております。詳細はこちらをご覧ください。

農林分野 安全で豊かな食と農を支える調査研究

完熟堆肥を見分ける発芽試験のための播種シートの開発

完熟堆肥を見分ける発芽試験のための播種シートの開発

播種シート上に種を入れ、

全体を揺らすとできあがり

堆肥の腐熟度を判定する方法のひとつとして、コマツナ発芽試験があります。この試験方法は、高価な分析機器を使わずに判定ができる簡便な手法ですが、小さな丸い種子をろ紙に並べる手間があり、多数の堆肥を判定するには手間がかかります。

そこで、種子を並べる手間を省く粘着剤付きのシートを開発しました。このシートを用いると種子が正確な位置に貼り付くので、観察や測定が容易になります。

ページトップ