お知らせ
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため研究所主催イベント等中止しております。詳細はこちらをご覧ください。

農林分野 安全で豊かな食と農を支える調査研究

新しい肉用家鴨(アヒル)「大阪種」の開発

新しい肉用家鴨(アヒル)「大阪種」の開発

【研究所から配布されたヒナが、肉用家鴨農家で肥育されている様子】

当研究所が維持してきた大阪の独自品種「大阪家鴨(アヒル)」を活用して、現在販売の中心となっている外国品種の肉用家鴨よりも皮下脂肪が5%以上低い新しい「大阪種」を開発しました。

大阪種は、府内で肥育後、解体処理されて精肉となり流通しています。当研究所では、大阪種の特性把握とPRのため、肉質や脂肪品質の測定を行い、加工方法などを検討し、ジューシーな肉であることや、不飽和脂肪酸が多く健康的な脂肪であること等を明らかにしてきました。

※現在はアヒルは飼養していません。

ページトップ