農業大学
 

短期プロ農家養成コース

1 目的

 農業を開始しようとする方、農業技術を習得しようとする兼業農家の方に対し、農業大学校の学生指導ノウハウを活かして、農業の基礎知識の講習及び栽培ほ場での実習、研修を行い、大阪農業の新たな担い手として育成します。

2 集中コース(平成31年度)

プロ農家を目指す方を対象に研修を実施します。

研修名 内  容 開催日 募集人数
野菜部門
  • 果菜類(トマト、きゅうり、なす)
  • 葉菜類、根菜類、軟弱野菜
  • なにわの伝統野菜(天王寺かぶら、田辺大根など)の栽培講習及び実習
  • 5月開始分

 5月7日(火)開講

原則毎週火曜日

2019年5月~2020年3月

40回程度

午前10時~午後4時

10名

  • 10月開始分

 10月開講

10名
果樹部門
  • ぶどう、みかん等の栽培講習及び実習
  • 5月開始分

 5月9日(木)開講

原則木曜日(月2回程度)

2019年5月~2020年3月

20回程度

午前10時~午後4時

8名

  • 12月開始分

 12月開講

8名

※見学を随時受け入れしております。各回原則1名で、必ず事前に農業大学校までご連絡下さい。

受講資格

2019年4月1日現在、年齢が68歳以下の方で、研修終了後、大阪府において農業(家庭菜園は除く)に従事する見込みのある方(農地所有の有無は問いません) 

受講料

野菜部門 20,000円    果樹部門 10,000円

 ・受講料は全額前納とし、納入後は返金しません。
 ・受講料には資料代、実習教材費が含まれます。
 ・この他、交通費、保険代等研修にかかる実費は研修生の負担になります。

申込方法等

申込先

地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所農業大学校
〒583-0862 羽曳野市尺度442
電話 072-979-7032  Fax 072-979-7077
メール nodai★mbox.kannousuiken-osaka.or.jp(★を@に変えて送信してください)

申込方法

所定の受講申込書(※)に必要事項を記入の上、郵送(82円切手を貼付した返信用封筒を同封)、またはFAXもしくはメール(申込書をファイルで添付)にて、農業大学校まで申し込んでください。

※受講申込書は募集期間中、農業大学校事務局にて配布及びホームページ(http://www.kannousuiken-osaka.or.jp/_preview/0001/nourin/info/doc/2019030500013/)からダウンロードできます。

募集期間

  • 5月開始分

 2019年3月25日(月)~4月12日(金)

※申込が定員を超えた場合には、受講申込書の内容により選考を行います。

    申し込み結果については、4月19日(金)を目途に受講の可否にかかわらず全申込者へ通知します。

   ※申し込みと同じ方法(FAXにはFAXで、メールにはメール)で通知します。

   ※4月23日(火)を過ぎても通知が無い場合は、農業大学校へご連絡ください。

注意事項

 ・野菜部門と果樹部門の同時受講はできません。
 ・短期プロ農家養成コースは、農業次世代人材投資資金の対象にはなりません。

 

 修了証の交付

  講義、実習日数の2/3以上の出席をもって修了とし、修了証書を交付します。

 

3 入門コース(平成30年度 実績)

農業について基礎的な技術・知識を学びます。

内  容 開催日 募集人数
  • 果菜類の栽培方法の講習と実習
  • 軟弱野菜の栽培方法の講習と実習
  • 農業の基礎知識や大阪での就農について
  • 農薬の適正使用について

7月、1月
(年2回開催、講習内容は同じ)

原則金曜日

全3回

午前10時~午後3時30分

各回25名
受講資格

大阪府内在住で、農業に興味のある方

受講料

1,500円

 ・作業着、軍手、長靴など実習時に必要なものは参加者の負担となります。

 ・受講日数を問わず、既納の受講料は返金いたしません。

申込方法等

申込先

地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所農業大学校
〒583-0862 羽曳野市尺度442
電話 072-979-7032  Fax 072-979-7077
メール nodai★mbox.kannousuiken-osaka.or.jp(★を@に変えて送信してください)

申込方法

はがき、FAXもしくはメールにより、必要事項(①郵便番号、②住所、③氏名、④ふりがな、⑤電話番号、⑥農業経験、⑦応募の動機)を記入の上、お申し込みください。

募集期間

第1回 6月中旬~下旬    第2回 12月上旬~中旬

なお、申込人数が定員を超えた場合は、先着順とします。
申込の詳しい日程は、大阪府立環境農林水産総合研究所 農業大学校のホームページhttp://www.kannousuiken-osaka.or.jp/_preview/0001/noudai/news/index.htmlで案内する予定です。

その他

 ・3日間全ての受講をもって修了とし、修了証書を交付します。

  ただし、30分以上の遅刻、早退の場合は未受講といたします。

 ・短期プロ農家養成コースは、農業次世代人材投資資金の対象にはなりません。

 

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ