お知らせ
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため休止しておりました施設見学・視察受入について、2021年10月1日(金曜日)から再開しています。詳細は視察・見学の再開についてをご覧ください。

環境分野 快適な環境や生物多様性の保安全を支える調査研究

[環境][報道]生物多様性センター企画展「気候変動でどう変わる?大阪の生物多様性と私たちの暮らし」を開催します

公開日 2021年02月03日


大阪府立環境農林水産総合研究所 生物多様性センターでは、令和3年2月15日(月曜日)より、新たな企画展を開催します。

 

近年、地球温暖化による気温の上昇や豪雨などの気候変動が、野生動植物や農林水産業へ影響を及ぼしつつあります。また、豪雨災害や熱中症リスクが増加するなど、私たちの暮らしも脅かされつつあります。気候変動は大阪の生物多様性や私たちに影響するのでしょうか?
 

今回の企画展では、気候変動と生物多様性をテーマに、大阪府における生物多様性への影響や、環農水研で実施する適応のための調査研究をご紹介します。

 

気候変動の影響を受けやすい大阪府内の貴重な自然環境や動植物

(左よりブナ林、イタセンパラ、ギフチョウ

概要

企画展「気候変動でどう変わる?大阪の生物多様性と私たちの暮らし」(入場無料)

〇展示期間

令和3年2月15日(月曜日)~令和3年5月28日(金曜日)
※土日祝日は休館です。

 

〇展示場所

 大阪府立環境農林水産総合研究所 生物多様性センター 本館内企画展示エリア

(寝屋川市木屋元町10-4)

 

〇展示内容

気候変動による生物多様性への影響の紹介

・大阪の気候の現状と将来

・いま大阪で起きている森・里・川への影響

 

▼環農水研の気候変動適応に関する調査研究の紹介

 

▼影響を受ける生物の標本等の展示

 

添付資料

 

■お問い合わせはこちら

生物多様性センター (環境研究部 自然環境グループ)

担当:丸山・幸田・今川

[TEL]072-833-2770

[FAX]072-831-0229

ページトップ