お知らせ
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、施設見学等についてマスク着用などのご協力お願いいたします。詳細はこちらをご覧ください。

環境分野 快適な環境や生物多様性の保安全を支える調査研究

[環境][報道]再開します!生物多様性センター企画展「行こう!大阪の魅力あふれる生物多様性ホットスポット」

公開日 2020年07月10日

初回公開日 2020年01月31日、更新日 2020年02月28日・2020年07月10日

 

再開します!

 

 生物多様性センター企画展「行こう!大阪の魅力あふれる生物多様性ホットスポット」について、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い、令和2年3月2日(月)から自由見学を一時休止しておりましたが、7月13日(月)より再開いたします。

 

 なお、ご来場される方におかれましては、マスクの着用や入館時の手指消毒のご協力をお願いするとともに、以下のときは入館をご遠慮ください。

 

マスクを着用していないとき
・37.5℃以上の発熱があるとき(受付にて検温できます。また、検温をお願いする場合があります。)
・咳やのどの痛みなど、体調不良の症状があるとき
・新型コロナウイルス感染症陽性とされ、療養解除されていないとき
・過去2週間以内に、新型コロナウイルス感染症陽性とされた方との濃厚接触があったとき、または、政府から入国制限・入国後の観察期間が必要とされている国・地域などへの渡航、当該在住者との濃厚接触があったとき

 

 皆様には大変なご迷惑をおかけしますが、ご理解の上、ご協力くださいますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

***

 

 大阪の生物多様性ホットスポットは、「日本固有種を含め、希少な野生動植物が生育・生息し、種の多様性が高い地域」として選定された地域のことで、府内に55か所存在します。

(「大阪府レッドリスト2014」より)

 

 今回の企画展では、大阪の生物多様性ホットスポットをテーマに、360度全天球カメラで撮影した写真を、VRの世界で体験することができる仕掛けや新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、VRでの体験は休止します。動画にて、代表的な大阪の生物多様性ホットスポットにバーチャルトリップを体験していただけますので、是非ご覧ください。)様々な生物の生体展示、センターで実施する調査研究の紹介等を通して、多様な生態系を有する大阪の魅力をご紹介します。

 

生体展示する生物の一例

生体展示する生物の一例

(上段左よりイタセンパラ、ニホンイシガメ、下段左よりアカハライモリ、ギフチョウ)

 

概要

 

企画展「行こう!大阪の魅力あふれる生物多様性ホットスポット」(入場無料)

〇展示期間

2020年2月3日(月)~4月28日(火)8月31日(月)展示期間を延長します。

 

〇展示場所

 大阪府立環境農林水産総合研究所 生物多様性センター 本館内企画展示エリア

(寝屋川市木屋元町10-4)

 

〇展示内容

▼VRで体験!代表的な大阪の生物多様性ホットスポット

・河川、湿地、里山などにバーチャルトリップ!

新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、VRでの体験は休止します。

動画にて、代表的な大阪の生物多様性ホットスポットにバーチャルトリップを体験していただけますので、是非ご覧ください。

 

▼ホットスポットにすむ生物たち

・イタセンパラをはじめとした魚類や、ニホンイシガメ、アカハライモリ等の生体のほか、色鮮やかなギフチョウ等の標本を展示!

 

▼ホットスポットにおける調査研究紹介

 

添付資料

プレスリリース版[PDF:120KB]

 

関連リンク

大阪府レッドリスト・大阪の生物多様性ホットスポット(大阪府HP)

 

■お問い合わせはこちら

生物多様性センター (環境研究部 自然環境グループ)

担当:幸田・丸山・今川・近藤

[TEL]072-833-2770

[FAX]072-831-0229

ページトップ