環境分野 快適な環境や生物多様性の保安全を支える調査研究

[環境][お知らせ]生物多様性センター「生きものふれあいイベント」を開催しました

公開日 2018年10月17日

平成30年10月7日(日曜日)、当研究所生物多様性センターにて、「生きものふれあいイベント」を開催しました。

当初は9月29日(土曜日)に開催する予定でしたが、台風の影響により雨天が予想されたため、延期して約1週間後の実施となりました。

当日はさわやかな日差しのなか、3連休のうちの1日にもかかわらず、58名の皆さまにご参加をいただきました。ありがとうございました!

 

このイベントでは、たくさんのブースで様々な体験をしていただきました。

 

「人が関わる自然の大切さを知ろう」のブースでは、田んぼの役割を楽しく学びながら、稲刈りをしました。

ブース2風景写真_パネルと稲刈り ブース2風景写真_稲刈り

 

「生物の恵みを体験しよう」のブースでは、木の実で作ったシャボン玉を飛ばして遊びました。

ブース3風景写真_3シャボン液づくり ブース3風景写真_3シャボン玉

 

「生物たちのつながりを学ぼう」「在来種と外来種を知ろう(樹木編)」のブースでは、いろんな木を使ってオリジナルのコースターを作ったり、どんぐりレースをしました。

ブース4風景写真_コースターづくり ブース4風景写真_転がしあそび

 

「在来種と外来種を知ろう(水辺の生物編)」のブースでは、野外水族館でいろんな生きものを観察しました。また、生物多様性センターの職員が調査で使っている道具を実際に触って体験しました。

ブース6風景写真_水槽 ブース6風景写真_投網体験

 

「おおさかの生物多様性の「今」を学ぼう」のブースでは、標本や顕微鏡を見て、身近な生きものとじっくり向き合いました。

ブース7風景写真_顕微鏡 ブース7風景写真_パネル説明

 

 

なお当日の運営には生物多様性センターサポートスタッフの皆様にもご協力いただきました。

 

参加者の方からは、「広い敷地で気持ちよかった」「また機会があったら参加したい」などのお声をいただきました。

 

今後とも、皆様に身近な生きものなどについて調査研究を進めるとともに、一般の方にも面白くご参加いただける活動を進めて参ります。

 

※通常は生物多様性センター内での生きもの採集はできません。

※イタセンパラは法律で採捕などが禁止されています。イベントの実施にあたっては文化庁より許可を受けています。

関連リンク

■お問い合わせはこちら

生物多様性センター

担当:近藤

[TEL]072-833-2770

[FAX]072-831-0229

企画部 企画グループ

担当:福田

[TEL]072-979-7070

[FAX]072-956-9691

ページトップ