環境分野 快適な環境や生物多様性の保安全を支える調査研究

[環境][報道]天然記念物“イタセンパラ”過去最多を記録した昨年の2.3倍の稚魚数を確認 淀川での野生復帰の取り組み

公開日 2018年07月10日

 当研究所では、淀川水系で野生絶滅に近い状態に陥っているイタセンパラ(国指定の天然記念物、国内希少野生動植物種)の野生での定着を目指し、国土交通省近畿地方整備局淀川河川事務所と共同で取り組んでおり、今年度もイタセンパラの稚魚の確認調査を行いました。

 

 今年の稚魚調査において、淀川の城北(しろきた)地区で20,767個体(対前年(8,888個体)2.3倍、平成6年の調査開始以来最多)の稚魚を確認しました。これらは、平成25年10月に放流し、毎年繁殖を繰り返した結果誕生した第六世代目と考えられます。

 

 過去最多を記録した稚魚数を大幅に上回った要因としましては、関係機関をはじめ淀川水系イタセンパラ保全市民ネットワーク(イタセンネット)」などと連携、協力を得ながらワンド整備ならびに外来魚の駆除などのワンド環境保全活動を継続実施した結果と考えております。

 

 イタセンパラの寿命は通常1 年と短いため、今年の繁殖や成長などの諸条件によっては、次年度以降の個体数が大きく変動する可能性がありますので、引き続き関係機関及びイタセンネットなどと連携しながら環境保全活動等を継続実施してまいります。

 

 イタセンパラの捕獲は種の保存法、文化財保護法で禁止されているため、大阪府警旭警察署の協力のもと、「城北わんどイタセンパラ協議会」(事務局:環境省近畿地方環境事務所)がパトロールを実施していきます。平成30年7月14日(土)に淀川河川事務所が実施する「淀川わんどクリーン大作戦」に合わせて、イタセンパラ保護の啓発チラシを配布します。
 

 

〇問い合わせ先

大阪府立環境農林水産総合研究所 生物多様性センター
センター長 上原一彦 (うえはら かずひこ)
電話 072-833-2770

 

国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所
副所長 犬丸 潤(いぬまる じゅん)
電話 072-843-2861(内線206)

 

〇同時提供

国土交通省 近畿地方整備局 淀川河川事務所 : 近畿建設記者クラブ

 

今年確認されたイタセンパラの稚魚

 

 

添付資料

プレスリリース版[PDF:157KB]

■お問い合わせはこちら

生物多様性センター (環境研究部 自然環境グループ)

担当:上原

[TEL]072-833-2770

[FAX]072-831-0229

ページトップ