大阪環境パートナーシップネットワーク かけはし
 

[環境][お知らせ]第13回交流エコセミナー「環境活動の視点から改めてESDについて考える」開催します

公開日 2015年07月02日

大阪環境パートナーシップネットワーク「かけはし」は、府民と事業者、学校、行政と環境NPO団体等との協働による環境活動の推進のため、交流エコセミナーを開催します。

 持続可能な開発・発展の実現を目指す多様な教育(ESD)のキャンペーン期間である10年(2005年~2014年)が終わりました。
 今、あらためてESDについて学び、環境活動としてどう発展させていけるのか、何が期待されているのかを行政・NPO・事業者等のいろいろな視点から意見交流していきましょう。
 情報提供(イベント開催のチラシ等)もお待ちしております。詳しくは事務局まで。

 

1.日時

平成27年9月7日(月) 14:30~17:00

2.場所

地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
環境科学センター(環境情報プラザ) 1階研修室
(大阪市東成区中道1-3-62)

3.主催

大阪環境パートナーシップネットワーク「かけはし」
地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所 

4.定員

約30名(先着順)

5.対象

環境活動に関心のある府民、団体等

6.内容

(1)基調講演 「ESDの10年を終えて、今後の発展」(仮称)
      環境省 近畿地方環境事務所   環境対策課
(2)交流エコカフェ
      ワールド・カフェ方式の意見交換を行います。
      コーヒーなどを飲みながら、本物のカフェのようにリラックスした雰囲気の中で、
      テーマに沿って自由に対話を行います。
(3)環境活動‘PR
      ※事前に事務局までご相談ください。

7.参加費

無料

8.申込方法

下記の連絡先に、所属団体名、氏名(ふりがな)、住所及び連絡先を明記の上、FAXでお申し込みください。
なお、FAXのない方は、お電話でご相談ください。

9.お問い合せ先

大阪環境パートナーシップネットワーク「かけはし」事務局
地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所
環境情報部 技術支援グループ
TEL: 072-958-6551
FAX: 072-956-9691

※大阪環境パートナーシップ「かけはし」とは

大阪府内の環境NPO団体、市町村等が参加して平成17年12月に発足した、大阪の環境に関わる活動の情報交換や活動支援のためのネットワークです。
現在、100団体が登録しており、大阪府立環境農林水産総合研究所が事務局を担っています。

添付資料

第13回交流エコセミナー案内チラシ(249KBytes)

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ