食の安全研究部 畜産グループ
 

鈴木部長
部長 鈴木 敏征

グループの紹介

 家畜・家きんの飼養管理に関する調査研究により、府内畜産業の技術的サポートを行っています。
 

 大阪府内の酪農家の雌子牛を育成し、将来の牛乳生産を担う乳用牛やその飼養管理、および、高品質の鶏卵生産のための調査研究に取り組んでいます。
 資源循環グループと共同でエコフィードの利用促進や畜産物の生産性向上に関する研究に取り組んでいます。
 

 畜産グループリーダー 吉本 真朗

担当分野

  • [農林]家畜・家きんの飼養管理や牛乳、鶏卵生産に関する調査研究
    • 食品製造副産物等の飼料への利用や、高品質な鶏卵生産に関する調査研究を行っています。
  • [農林]府内酪農家の乳用牛群改良のための調査研究
    • 府民に牛乳を提供する乳用牛やその飼養管理をよりよくするための調査研究を行うとともに、子牛の育成を行っています。

調査研究成果

主な業績

  • 安松谷・笠井ほか (2012) Effects of feeding whey protein on growth rate and mucosal IgA induction in Japanese Black calves. Livestock Science. 143: 210-213.
  • 安松谷・笠井ほか (2011) 人工ほ乳における代用乳の給与量の変更が黒毛和種子牛の発育とスタータ摂取量に及ぼす影響. 関西畜産学会報. 168: 17-23.
  • 西山・安松谷・笠井ほか (2011) Effects of supplemental β-carotene with whey on IgA transfer from maternal milk and mucosal IgA induction in neonatal mice and calves. Livestock Science. 137: 95-100.
  • 安松谷・笠井ほか (2010) 黒毛和種子牛へのホエー代用乳給与における粗タンパク質水準が発育に及ぼす影響.近畿中国四国農業研究. 16: 95-101. 2011年 第6回近畿中国四国農業研究協議会賞 論文賞受賞.

■お問い合わせはこちら

食の安全研究部 畜産グループ

[TEL]072-958-6551(代表)

[FAX]072-956-9691

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 環境科学センター

    環境科学センター

    環境科学センターは平成28年9月16日をもって閉鎖しました。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 水生生物センター

    水生生物センター

    水辺を中心とした生物多様性、イタセンパラやミズアオイなど希少種の保全、外来種対策、魚の病気などについて調査研究を行っています。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザは平成28年8月末をもって閉鎖しました。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

ページトップ