環境研究部 資源循環グループ
 

樋口部長
部長 樋口 浩行

グループの紹介

 バイオマス(森林や農地、食品工場、水処理場などから出る生物由来の資源)のエネルギー化や減容化に関する研究を進めています。

 

 都市圏で大量に排出されるバイオマスのリサイクルを進め、府内の産業振興、環境負荷低減に貢献しています。

 また、畜産グループと共同でバイオマスの飼料化利用技術や有用物質を牛に効率よく吸収させる新しい技術の開発などにも取り組み、府内畜産業の振興をサポートしています。

 

 

資源循環グループリーダー 笠井 浩司

担当分野

  • [環境]メタン発酵による廃棄物減容化とエネルギー生産
    • メタン発酵による物質転換を効率化する研究開発に取り組んでいます。
  • [農林]牛用ドラッグデリバリーカプセルの開発
    • 牛に対し効率的に栄養やサプリメントを投与するための技術開発に取り組んでいます。
  • [農林]飼料検査業務
    • 行政機関や一般事業者などから依頼を受け、飼料の成分分析を行っています。
  • [環境]畜産環境保全対策のための調査
    • 畜産現場における環境悪化を防止するため、排水や臭気等の調査を行っています。

調査研究成果

最近の共同研究実績

  • 木質バイオマスの固形燃料化と燃焼実証(近畿大学・(株)吉年ほか1社、H25)
  • 牛への機能性物質バイパス投与技術の開発(森下仁丹(株)、H24~)
  • 柑橘粕類を活用した発酵TMRによる乳牛の暑熱対策技術の開発(徳島県ほか、H22~)
  • 豆腐粕単体での高密度乳酸発酵達成と乳質改善等効果の付与(大阪府立大学・(株)向井食品ほか、H21~22)

主な業績

〈論文〉

  • 吉田・瀬山ほか(2014) デンプンの添加が発酵TMRの窒素利用性に及ぼす影響. 第64回関西畜産学会大会講演要旨集: 14. 優秀発表賞受賞
  • 平康・因野・西村(2014) パルス燃焼式乾燥された乳酸菌の生存性に対する抗酸化剤の効果. 低温生物工学会誌. 60: 73-77.
  • 瀬山・平康・笠井(2014) カプセルを模した樹脂球の比重と直径がウシの反芻、消化管通過に与える影響. 日本畜産学会第118回大会講演要旨集: 131.
  • 瀬山・平康ほか(2013) 暑熱期における発酵TMRとフレッシュTMRの消化管通過速度の比較. 近畿中国四国農業研究. 22: 55-59.
  • 安松谷・笠井ほか (2012) Effects of feeding whey protein on growth rate and mucosal IgA induction in Japanese Black calves. Livestock Science. 143 (2): 210-213.
  • 平康・笠井・瀬山ほか (2012) 高密度乳酸発酵豆腐粕のマウスおよび乳牛への給与効果. 近畿中国四国農業研究. 20: 45-50.
  • 瀬山(2011) 梅酒漬け梅の飼料化利用を目的とした泌乳牛への給与事例. 畜産コンサルタント. 47: 34-37.
  • 安松谷・笠井ほか (2011) 人工ほ乳における代用乳の給与量の変更が黒毛和種子牛の発育とスタータ摂取量に及ぼす影響. 関西畜産学会報. 168: 17-23.
  • 西山・安松谷・笠井ほか (2011) Effects of supplemental β-carotene with whey on IgA transfer from maternal milk and mucosal IgA induction in neonatal mice and calves. Livestock Science. 137 (1): 95-100.
  • 安松谷・笠井ほか (2010) 黒毛和種子牛へのホエー代用乳給与における粗タンパク質水準が発育に及ぼす影響. 近畿中国四国農業研究. 16: 95-101. 2011年 第6回近畿中国四国農業研究協議会賞 論文賞受賞.
  • 笠井・安松谷・瀬山・平康ほか (2010) 妊娠乳牛への下痢5種混合ワクチンの投与が初乳中IgG濃度および抗体価に及ぼす影響.  関西畜産学会報. 166: 27-32.

〈特許〉

  • 西村和彦・笠井浩司・因野要一・平康博章(2013) 微生物乾燥粉末の製造方法. 特開2013-192490. 25年9月30日

■お問い合わせはこちら

環境研究部 資源循環グループ

[TEL]072-958-6554

[FAX]072-956-9691

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 環境科学センター

    環境科学センター

    環境科学センターは平成28年9月16日をもって閉鎖しました。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 水生生物センター

    水生生物センター

    水辺を中心とした生物多様性、イタセンパラやミズアオイなど希少種の保全、外来種対策、魚の病気などについて調査研究を行っています。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザは平成28年8月末をもって閉鎖しました。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

ページトップ