お知らせ
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、視察受入・屋内の施設見学等については、受入を一時休止しております。詳細はこちらをご覧ください。

 
環境農林水産 質問BOX(過去に寄せられたよくある質問)

農林/樹木・花に関するご質問

チャドクガについて教えてほしい。

公開日 2014年03月10日

数枚の葉に群がって食害する幼虫。風下に毒毛が漂うので注意します。

数枚の葉に群がって食害する幼虫。風下に毒毛が漂うので注意します。

 

窓に飛来した成虫。成虫にも毒があります。

窓に飛来した成虫。成虫にも毒があります。

 

ツバキやサザンカなどにつく毒のある毛虫です。この毒毛に触れると皮膚炎を起こします。
ふだんから注意深く観察し、できるだけ早いうちに駆除してください。
【被害の特徴】
年2回発生します。
 老熟幼虫は体長25mm、体色は黄褐色で、2列の黒褐色の縦線があります。
 幼虫は大きくなるまで一列に並んで葉を食害し、多発すると樹全体を丸坊主にします。
 若齢幼虫は葉の表皮を残して食害するので、葉は斑状に黄白色となります。
 幼虫は毒毛を持っており、触れるとかぶれるので注意してください。
かぶれた場合は、
  1. こすったり、かいたりしない。
  2. 水道水で洗い流す。
  3. 症状が軽い場合は、虫刺されの軟膏を塗る。
  4. 症状がひどい場合は、薬剤師または医師に相談してください。
【被害発生時期】
被害発生時期
 
【防除対策】
早期発見、早期駆除が肝要です。
卵や若齢の幼虫は群れでかたまっているので、この時期に葉ごと切除します。その際、卵や幼虫に触れないようにします。
多発するときは幼虫発生初期の5月に殺虫剤を散布します。
駆除する際には、長袖長ズボンを着用するなど、できるだけ肌を露出しないような服装で行ってください。

 

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    食品に関する技術支援制度

    食品の加工・保存・流通に関する技術相談や研究開発、試作を支援しています。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。