水生生物センター
 

生物多様性センター施設案内

生物多様性センターご利用案内

開館時間
平日 午前 9時30分から午後 5 時(12月から3月は午後4時まで)
 
企画展示エリア ご利用状況カレンダー

「利用不可」の時間帯は、企画展示エリアがご利用になれません。

 

 
 
休館日
土日祝・年末年始(12/29~1/3)
 
 
見学時間の目安
施設見学のみ:20~30分、見学と講演:約1時間
 
 
ご利用者のみなさまへ(学校関係者、事業者、NPO団体等)
生物多様性センターでは、生物多様性に関する研修プログラム(見学・講義等)を提供しています。
講義テーマ例「生物多様性」「外来生物」「水質」「環境の微生物」「淀川の淡水魚」「天然記念物イタセンパラの生態」「林業」「森林生態」「都市緑化」「野生動物」「鳥獣被害対策」など
団体見学および研修・講義依頼については、事前に生物多様性センターまでお申し込み下さい。
申し込みにあたっては、見学申込書の提出が必要となります。
※個人・少人数の見学は申し込み不要です。開館時間中ご自由にご見学ください。
 
生物多様性センター見学申込書 (Wordファイル)/(PDFファイル)
 
 

施設案内

本 館

生物多様性センターにご用の方は、本館事務所にお声かけ下さい。

本館内の常設・企画展示エリアはご自由にご見学いただけます。

生物多様性センター本館

 

常設展示エリア

天然記念物のイタセンパラをはじめとする大阪の淡水魚などの生物や大阪の自然を紹介したパネルを展示しています。

 

企画展示エリア

生物多様性に関する企画展を実施しています。

開催情報はお知らせ情報やご利用状況カレンダーをご覧下さい。

 

研修室

生物多様性に関する研修を実施しています。

研修室

 

ビオトープ池

イタセンパラやメダカ、タモロコ、モツゴなどの魚類のほか、水生昆虫や野鳥など季節によってさまざま生物が観察できます。また、自然観察会などのイベントを実施しています。


※ビオトープ池施設の通常利用(イベント開催時以外)は陸上からの観察のみとなります。団体でお申し込みいただいた場合には生物採集などの研修を行うことも可能です(実施できない場合もあります。あしからずご了承ください)。採集や観察のための用具なども用意しています。詳細については、事前にお問い合わせください。


 水辺ビオトープ観察

 

水辺の植物園

デンジソウやハンゲショウ、ミクリなどの絶滅が心配される水生植物を観察できます。

 

コイの池とカメの池

コイやイシガメ、クサガメなどが観察できます。

午前9時30分から午後3時30分まで先着でコイのエサやり体験ができます。(本館事務所へお声かけください。1日のエサ量に達した時点で終了します。)

 
 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ