水生生物センター
 

施設の沿革

生物多様性センターのあゆみ

 

昭和30年4月1日

  大阪府水産試験場寝屋川養魚場として現在地に設置され、淡水魚に関する試験研究業務を開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和42年4月1日

  大阪府水産試験場の整備移転に伴い、同試験場から分離し、大阪府淡水魚試験場として発足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成3年4月1日 

  大阪府立淡水魚試験場に名称変更。

 

平成14年4月1日 

  大阪府立食とみどりの総合技術センターみどり環境部における水生生物・水辺環境保全に係る調査研究部門の水生生物センターとして発足。

 

平成19年4月1日

  大阪府の環境農林水産部試験研究機関の統合により、水辺の生物多様性保全のための拠点施設として新たに発足し、大阪府環境農林水産総合研究所 水生生物センター(寝屋川サイト)となる。

 

平成24年4月1日

  大阪府環境農林水産総合研究所の地方独立行政法人化に伴い地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所 水生生物センターとなる。

 

平成30年4月1日

  地方独立行政法人 大阪府立環境農林水産総合研究所 生物多様性センターと改称。

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 生物多様性センター

    生物多様性センター

    大阪府域の生物多様性保全に関する調査研究を行っています。また、研究成果の普及や啓発にも取り組んでいます。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)チャレンジ支援事業

    大阪産(もん)を使用した商品の開発・改良などにチャレンジする事業者等の取組に対して、当研究所が技術面から支援等を行います。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

  • 大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

    6次産業化に関する疑問、お悩みにワンストップでスピーディーにわかりやすくお応えします。

ページトップ