大阪産(もん)6次産業化サポートセンター
 

[総合][お知らせ]「泉州・南河内地域農業者との交流会(意見交換、フリー商談会)」を開催します

公開日 2017年12月14日

地元の食材を使いたいけど、何があるの!?

自社の商品に地元農業者のストーリーを載せたい!

新しいメニュー作りのヒントがほしい!

と、お悩みの食品事業者の皆様、

 

一度、泉州・南河内地域の農業者の方達と、地元農産物などについてお話をしてみませんか?

 

とき

平成30年2月7日(水)13:30~16:00 

ところ

ラブリーホール地下1階ギャラリー(河内長野市西代町12-46)

河内長野駅から徒歩7分、無料駐車場もあります

対象

泉州・南河内地域の水なすやきゅうり、みかん等の特産農産物やその加工品に関心のある、

または取引をしたい食品事業者様(飲食業、加工業者、小売業者等)

参加費

無料

交流会の内容

第1部 農業者との意見交換

地元農産物へ期待することや利用拡大への課題を教えてください。

農業者からは、思いやこだわり、歴史、作り方、地元文化とのつながりなど

地元農産物のすばらしさを余すことなくお伝えします。

 

第2部 フリー商談

農産物やその加工品を前に自由にご商談いただけます。

参加農業者(予定)

  • 泉州・南河内地域の農業者やグループ24者
  • 市町村(順不同):河内長野市、富田林市、松原市、河南町、貝塚市、堺市、和泉市、岸和田市、泉佐野市、忠岡町
  • 主な生産物(順不同):トマト、きゅうり、なにわの伝統野菜、ジャム、漬物、ポン酢、ドレッシング、乾物、難波葱、もも、なし、いちご、なす、みかん、えびいも、ブルーベリー、だいこん、、みずな、ぶどう、ジュース、ワイン、じゃがいも、たまねぎ、ほうれんそう、レタス、柿、かんきつ類、干しぶどう、柿チップス、あんぽ柿、花壇苗、にんじん、すいか、泉州水なす、ソース、赤しそ、ねぎ、軟弱野菜、トマトジュース、ケチャップ、トマトパスタソース、キャベツ、ブロッコリー、ふきの水煮、らっきょう、たまねぎ、しゅんぎく、みそ、みかんペースト、きのこ(たもぎたけ、ひらたけ)、水なす加工品

主催

泉州農と緑の総合事務所、南河内農と緑の総合事務所

共催

大阪府環境農林水産部流通対策室、大阪産(もん)6次産業化サポートセンター

申込方法(事前申込制、締切:平成30年1月12日(金))

下記フォームよりお申し込みください。

>>参加申込フォームはこちら ※申込募集終了しました。

※申込多数の場合は原則先着順とし、参加していただく方には別途通知します。

■お問い合わせはこちら

食の安全研究部 食農支援グループ(大阪産(もん)6次産業化サポートセンター)

担当:宮原

[TEL]072-958-6545

[FAX]072-956-9790

 
  • 大阪府立環境農林水産総合研究所

    大阪府立環境農林水産総合研究所

    農林業の振興や農空間の保全・都市緑化等の総合的な調査研究、残留農薬の分析、農作物・食品の品質評価のほか、大気、河川、海域の環境モニタリング調査・分析、アスベストの飛散調査等緊急分析や環境技術支援等を行っています。

  • 環境科学センター

    環境科学センター

    環境科学センターは平成28年9月16日をもって閉鎖しました。

  • 水産技術センター

    水産技術センター

    大阪湾の環境をモニタリング解析するとともに、海辺の再生および水産資源の効率的な管理手法・増殖技術についての試験研究を行っています。

  • 水生生物センター

    水生生物センター

    水辺を中心とした生物多様性、イタセンパラやミズアオイなど希少種の保全、外来種対策、魚の病気などについて調査研究を行っています。

  • 農業大学校

    農業大学校

    農業大学校では、農業者や農業技術者の育成を目的として、専門的な知識・技能の習得に向けた実践的な教育を行っています。

  • 大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザ

    大阪府環境情報プラザは平成28年8月末をもって閉鎖しました。

  • 省エネ・省CO2相談窓口

    省エネ・省CO2相談窓口

    中小事業者を対象に省エネ・省CO2の相談を受けるとともに、エネルギー使用機器等の運用改善の提案や補助制度の紹介等をしています。

  • 図鑑

    図鑑

    大阪府内に生息する魚のほか、水辺の昆虫や植物を紹介しています。

ページトップ